--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.08.06 (Fri)

あの夏が巡る

また今年も、夏が巡ってきました。



【More・・・】
毎年この日がやって来る度に、記事を書かずにはいられません。


あの第2次世界大戦での日本の敗戦がもう少し早かったら。

同盟国であった他の国と同じ時期に、降伏していたら。

歴史にタラレバ話はないとわかっていても、ヒロシマの空に、ナガサキの空に、恐ろしいきのこ雲が、閃光が、爆風が、広がることはなかったのではないか。

そう思えて仕方がないから。


そして、俺自身がヒロシマの地に生まれた意味を考えずにはいられないから。




何年か前、やはり8月に広島を仕事で訪れた時、一緒に仕事をした若いスタッフが、

「実は自分は被爆三世なんです」

今まで家族以外の誰にも言った事はないんですが、と補足しながら俺に告白してくれたことがあった。


俺のオヤジ自身は被爆していないし、(じーさんは被爆したが)被爆二世にはならなかったが、下の兄弟達は、全員ではないが何人かは被爆二世になった。

その弟達の友人に、物凄く活発で、特にスポーツ万能だった男がいたという話をオヤジがしてくれた。

中学に進学し、陸上部に加入して活躍していたある日、彼がいつもと変わらないトレーニングの途中で急に蹲るように倒れてしまい、人の手を借りないと立てなくなってしまった事、

それから暫くして、彼が学校から姿を消した事。

今でもそうだが、彼がどうなったか、恐ろしくて尋ねる勇気はないと、オヤジは言った。



被爆『二世』、『三世』・・・・・・

世代を超えて引き継がれる戦争被害が、他にあるだろうか。




ドラマや本や映画の中で、安易に核兵器を使おうとする場面が出て来ると、ゾッとする。

原爆も開発当初とは違う目的で使用した結果、どれだけの人達を殺戮し、消せない地獄絵図を描いたか。

勿論、戦争に人生を狂わされた人も大勢いただろうし、戦争が終結した後は、その大半を幸せに生きた人間もいるだろう。

しかし、あれから60余年が経過した今でも、

「自分の中で、戦争はまだ終わっていない」

怒りに満ちた瞳でそう呟く人間がいる事を知っていたら、とても出来る事ではない。

核は、放射能は、その人の人生を歪めただけではなく、その子孫達さえも苦しめ続けているのだから。









少し前の映像ですが、この中には,福山雅治さんの生まれ育った長崎の街が出て来ます。

(紅白を見られた方は、超寒そうな、雪の舞い散るグラバー邸での熱唱の記憶も新しいかとww)

彼自身についても、どこかのコメレスで触れたような気がするのですが、この中に平和祈念像や聖母マリア像と一緒に映った写真も映像もありますので、ぜひご覧ください。



彼が言っていること、

「身近な人のことを好きで大切にすれば、当り前ですけど、命がもの凄く大切だってこと・・・

 ただそれだけのことの(ような)気がするんですよね」


真実はいつもシンプルでひとを引きつける。

気負う必要も何もない。




大瀑布の様な破壊力を持った世界情勢の中で、核の問題は新しい局面を迎え、進んで行くだろう。

戦争の頃よりずっと便利で素晴らしい文明のもとで生活している俺達だけれど、一方では人の生命が軽んじられ、倫理は音もなく崩れ去り。

でも今も昔も、これが生命(いのち)の事件だという事は変えようのない事実。




ヒロシマ


あの日、あの時、あの場所で奪われた全ての生命、そして消滅した人生、出逢う筈だった運命の全てに祈りを捧げ、哀悼の誠を表します。











スポンサーサイト
18:40  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

はじめてコメントさせていただきます。
中学生の頃、修学旅行で原爆資料館を見た時のショックはそれから何十年経とうとも浮かんでくるようです。

長崎でも旅した折に原爆資料館、如己堂(永井隆記念館)、動画の最後近くにも出て来る「一本柱鳥居」、なども立ち寄りました。 
それぞれの地でひとつひとつ、一瞬にして人生が変わってしまった人の想いと悲しみ、理不尽さなど得も言われぬ感情が伝わってきます。

戦争だったからと言ってしまえばそれまでですが、広島に原爆を投下した「エノラ・ゲイ」の機長の息子さんは、オバマ政権が平和記念式典にルース駐日大使を派遣したことについて、「そうすべきではなかったと思う」と不快感を示した・・・と出ていましたね。原爆投下が戦争終結を早め、多数の人々の命を救ったとして、「当然、正しいことをした」とも。 よく聞く言葉ですが。
立場と所が変わればこんなにも受け止め方は違うんだと思い知ります。

本当に繰り返されることのないようにという気持ちとともに 心から哀悼の意を表したいと思います。

merumo |  2010.08.07(土) 06:24 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.08.14(土) 15:07 |  |  【編集】

Vさんの記事を拝見しながら、またこの日がやってきたのを深く受け止めました。

終戦記念日にあわせて様々な特集番組が組まれていました。
昨夜は池上彰さんの「戦争を考えるSp~戦争はなぜ始まりどう終わるのか~」
を見ました。事実をたんたんと分かりやすく伝えてくれる池上解説、その中で

>あの第2次世界大戦での日本の敗戦がもう少し早かったら。
>同盟国であった他の国と同じ時期に、降伏していたら。

に対する回答もありました。
ポツダム宣言を受け入れなかった日本、当時の政府内の内閣と軍部の対立、マスコミの報道に世界がどう解釈して行ったか、そして広島へ、長崎への原爆投下、、、、終戦にむけてどう収束して行ったのか・・・
番組内でも語られていましたが、どの戦争も
「戦争を始めてしまったら終わらすことはとても難しい」
のを思い知りました。

毎年8月6日、9日、そして15日と、哀悼の祈りを捧げながら、語り継ぎながら何が出来るのだろうかと考えて来ましたが、
戦争を始めてしまってはいけない、もう二度と、戦争を繰り返してしまう方向に国を向けてはいけない、それが語り継ぐことの意味なのだと思いました。

戦争は終わってはいない。。。。そう認識し、意識することが大切なんだろうと、今思います。
百 |  2010.08.16(月) 19:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/640-d687f733

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。