--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.01.28 (Thu)

花束~感謝を込めて~

年末の押し迫った時期に、昔とても世話になったひとが入院した、との連絡を受けて、急遽見舞いに駆けつけた。

幸い、命に関わるような病状ではない、と聞いて、胸を撫で下ろしたのだが。


【More・・・】
その人は、俺の伯母さんに当たる人で、父にとっては厳しい姉でもあり、そして、俺の父方のじーさんとばーさんが亡くなってバラバラになった親族達の中で、唯一俺の家族の味方になってくれた人だった。







今まで少しずつそれらしい事は書いてきたと思うけれども、俺のオフクロは精神を病んでいて、当時まともに子供を育てられるような状態ではなかった。
仕事仕事で家庭をろくに顧みなかったオヤジと、子供に愛情を示さず、ほとんど世話もしなかったオフクロ。
俺は実家と、そんな状態を見るに見兼ねたじーさんばーさんの家を行ったり来たりして育った。



やがて、オフクロの心を限界まで追いつめていた『引き金』が俺自身だと知った時、俺は実家を離れることを決意した。





・・・・・・いや、もっと前からひしひしと身に滲みていたような気がしていたけれど。

血の繋がった『家族』がいるのに、俺は独りだ―――と。

天涯孤独の悲しみと云う感情に近しい孤独感を麻痺させるために、他人の愛情を期待しないように、この世にある善意を信じずに、悪こそが人間の本質であると自分に暗示をかけた。
だから誰も信じないし、愛することもない。


そんな冷やかな心のままに生きることを選択した俺が、突然の神の啓示の様に天空から降って来た『恋』に我を忘れることはあっても、その相手から愛されることがないのは当然だった。








世界中を股にかけて各国の港に寄港する、そんな仕事をしていた俺のじーさんは語学にも堪能で、英語は言うまでもなく、中国語(という表現が正しいのかどうか悩むところですが)もロシア語も、多分もっと多くの言語を話す事が出来て、彼の地から日本にやって来たお客さんの通訳をして喜ばれたこともあったらしい。

地元の所謂名士で人望があって、議員に出馬すれば当確とも言われていたけど、当の本人は政治には全く興味を持たず、でも器の大きい、信頼される立派な人間だったことは確かで。

「なんか困ったことがあったらワシに言うて来いや。相談に乗るけえ」

そんな風に胸を叩いて、親分肌で情に厚くて、誰にたいしても気取りなく話し掛けて。
じーさんの人柄を慕って集まってくる、懇意にしている友人も知り合いも大勢いたけれど、何よりも家族を大事にして、そしてばーさんを誰よりも愛して。

「そんなこと、若いモンに任せて、ばーさん、はよ(早く)ワシの隣に座れや」

正月に親戚一同が会する時、伯母・叔母達と台所で忙しく立ち働くばーさんに声を掛けて、それじゃあ、と、手を止めて傍の席に座ったばーさんに、上機嫌でお屠蘇をついであげるじーさん。
そんな光景をオヤジ達は微笑ましく見守っていたらしい。



懐が広くて気さくなじーさんの血を継ぎながら、俺のオヤジを筆頭に、何故かその子供達は一様に気難しくて無愛想で、偏屈で。
じーさんばーさん亡き後に集まれば、意見や価値観の相違で、喧嘩ばかりしていたような気がする。
(俺自身、あまりそういう場には出なかったのだが)






伯母は婚家と反りが合わず、我慢に我慢を重ねたけれどついに耐えかねて、生まれた子供をそこに残して、出戻ったひとだった。
いくら実家とは言え、その時代にはまだ珍しい部類の話だったから、地元には住みにくく感じたのか、故郷を離れて働いて働いて、定年まで勤め上げた苦労人だった。



忙しい時にわざわざ来てもらって悪かったね、と見舞いの礼を述べながら、伯母は

「○○(俺の本名)、まだ結婚はせんのんね?」

「は? ・・・・・・いや、まだまだですよ、伯母さん」

返答しながらも、もしかしたらこの伯母が、子供の頃からの俺を最も長く見守ってくれた『家族』だったのかもしれない、
だから、まるで親代わりの様に、そして育てられなかった自分の子供を案じるように、俺の身の振り方についてヤキモキしているのだろう、
そんな風にも考えて、不意に胸が痛んだ。

苦い思いを噛み締めながら愛想笑いをする俺に、伯母はにこりともしないで、

「でも、あんたの薬指に指輪が嵌まってるということは、相手はおるんじゃね」

「・・・・・まあ、それはいるんですけど・・・・・」

馬鹿正直に全部ぶちまけたら、弱った伯母さんの心臓が止まるかもしれん、
なんて、言い訳にもならない言い訳を頭の中でして、言葉を濁す俺。

△△(俺のオヤジです)に聞いたら、もう相手はおるけん、煩く言わんで黙っとけ、て言われたんじゃけど、ホンマやったんね、とか、
早くちゃんと(籍を入れるとか)してあげんと、相手のひとにも失礼なけんね、とか、

伯母がいろいろ言い出す度に、俺も言葉少なに頷いて。


決して不器量な女性ではないのに、伯母の顔には深い皺が多く刻まれて、年齢以上に老けて見える様な気がする。
同時に彼女は、どんな厳しい境遇でも潜り抜けてきた、自分の人生を自分の足で歩んできたという確固たる自信と自負に満ちているようにも見えて。




自分自身を愛せない頃の俺は、水の中で呼吸の出来ない生き物の様にバタバタと足掻いて、

明るい水上に手を伸ばして必死で浮き上がろうとしても、空気を得られない絶望に身悶えして、

苦しいという表現ではとても足りない、形容出来ない不安と嫌悪感に苛まれていたけれど。





人生は、思うままにならないものだけれど、それでもここにちゃんと生きている。

こんな人生も悪くない、と思うことが出来る自分になれた。

そしてこれからも、今よりももっとマシな人間になって、恋人の隣に居たいと願っている、



そんな俺の3○回目(←今更誤魔化すのかっ!?)の記念日に、大きな感謝の花束を添えて。




先日密かに(笑)4周年を迎えたこのブログとともに、これからもよろしければお付き合いください。








追伸.Cさん、毎年日付変更線を越えた瞬間の(←意味不明)お祝いメッセありがとうございます!
   そしてブログの誕生日も祝っていただき、感謝感謝ですww
  




   
スポンサーサイト
05:30  |  君が好き 胸が痛い  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

Comment

Vさん お誕生日おめでとうございます。

今日はどんな風にかっしーさんと過ごされてるんでしょうか?(*^_^*)

お仕事連日お忙しいと思いますが
くれぐれも体調に気をつけて
Vさんにとっても素敵な一年をお過ごし下さいね。


P.S 週末も楽しんできてくださいね。
rizu☆ |  2010.01.28(木) 19:01 | URL |  【編集】

Vさん、お誕生日おめでとうございます。
今年もこうやってお邪魔してお祝いを言う事が出来る事をとても嬉しく思います。
残り少ない(?)w30代、おおいに楽しんで下さい!!
したい事が沢山あっても時間も体力も続かない時もありますが、少しでも余裕がある時は自分自身で栄養を心と体に与えてやって下さいね。
そこから育っていく物がきっとあるはずですから・・。

そうそう。
rizuさんも仰ってますが、楽しんできて下さいね!
・・・しっぽりと・・・ww
金魚 |  2010.01.28(木) 20:38 | URL |  【編集】

v-314Vさん、お誕生日おめでとうございますv-300
今日、Cさんに教えていただいて気がつきました。
(忘れないように皆さんの誕生日を書いていたのですが、その用紙をなくしてしまった私とは大違いi-240
同じVさんのファンでありながら、私はまだまだ修行が足りません。

これからもかっしーさんと幸せな人生を歩んで行ってくださいね。
伯母さまも早く回復されるようお祈りしております。
まかろん |  2010.01.28(木) 21:50 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.01.29(金) 00:43 |  |  【編集】

Vさん、お誕生日おめでとうございます。

いつもお忙しそうなので
ゆっくりゆったりまったりな時間を
過ごされているといいな、と思っています^^

仕事にプライベートに、益々充実されますように。
cyarako |  2010.01.30(土) 13:48 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.01.30(土) 14:18 |  |  【編集】

あら~お誕生日でしたのね☆
おめでとうございます~~(^▽^)/


この年になると(ワタクシは昔からだけど・・・^^;)自分がいくつになったかなんて、どうでも良くなるものよね~ていうか、マジで何歳になったか忘れてるし・・・シ~ン・・・

体質も変わっていくお年頃・・・お体だけはご自愛なさって、仕事にプライベートにと楽しんで下さいませ。
桔梗 |  2010.01.30(土) 23:38 | URL |  【編集】

今更年をごまかした(失礼!笑)Vさん、3○歳のお誕生日おめでとうございます♪

今のVさんがあまりにも幸せそうなので、過去の記事を読んだはずなのに、ご実家との事をつい忘れてしまっていました。
改めて、かっしーさんと出逢えた事に、赤の他人の私ですが、良かったな・・と思いました。

お二人とも、旅行で益々愛を育んだ事と思います。笑

伯母様も、お元気そうで何よりでしたね。
お国言葉がいいですね。
親戚が山口県にいまして、言葉が似ています♪
コンタ |  2010.01.31(日) 21:31 | URL |  【編集】

お誕生日おめでとうございます!!
(遅れてしまい申し訳ありません・・・)
楽しいご旅行で誕生祝をされたのでしょうか。
なんとも羨ましい!
これからも益々男に磨きをかけ、そして
かっしーさんと仲睦まじい日々を送ってください。

最後になりましたが、ブログ4周年、
本当におめでとうございます。
長く続けるというのはとても難しいことです。
どうぞ無理のない範囲で、これからもVさんたちの
温かい関係を拝読させていただければと思います。
樹 |  2010.01.31(日) 22:34 | URL |  【編集】

えらいご無沙汰ですみません。
亀レスってこういうことだよな、って見本のような遅レスですが。
申し訳ありません<(_ _)>


rizu☆さんへ

お祝いコメント、ありがとうございます!

>今日はどんな風にかっしーさんと過ごされてるんでしょうか?(*^_^*)

それは秘密です。
と言うのは嘘で、誕生日当日は残念ながら仕事に明け暮れました・・・(泣)

でも、帰宅した後にちょこっとはww←は?

みなさんにお祝いしていただいたおかげで、素晴らしい1年を過ごす事が出来そうです。
rizu☆さんもお体大切になさってください。
週末は勿論しっかり楽しみましたよ(^^ゞ


金魚さんへ

お祝いコメント、ありがとうございます!
今年もこちらで祝っていただけたこと、大変嬉しく思っています。
残り少ない30代・・・・その通りですが(-_-;)
でも俺としては彼を見習って(?)渋い40代を目指すつもりです!

栄養を心と体に与える。
とても趣深い言葉です。

やらなければならない事に追われ、自分のやりたい事を成し遂げる時間や心の余裕を持てない日々の連続ですが、自分の成長のためにそれは欠かせないことですもんね。
まだまだ30代(しつこいww)、全力疾走で頑張ります。

しっぽり旅行はしっかり楽しみましたよ(^^ゞ


まかろんさんへ

お祝いコメント、ありがとうございます!
俺自身、毎年自分の誕生日を忘れそうなんですが(汗)今回は旅行があったんで、さすがに覚えていましたよww
いつもこまめにメッセを下さるCさんには頭が下がります。
でも修業はしなくてもいいからね、かろちゃん(^^ゞ
こうやってコメントを下さるだけで、感謝感謝です。
そしてかっしーとも確実に歩みを進めていきたいです、と決意表明ww

おかげさまで伯母は1月中に退院し、目下自宅療養中です。
お気遣い、ありがとうございました。


管理人コメントHのさんへ

お祝いコメント、ありがとうございます!
俺こそ、ご無沙汰ですみません。

ラブラブ・・・で、喜んでいただき、俺も嬉しいです(ははは)

>痛い過去があるからこそ、今の自分がいますね。
>どんなことがあっても、まずは自分が自分のことを受け止めないと、

全くその通りですね。
複数の方向から物事を客観的に眺めることも時には必要です。
自分の過去や苦しみからただ逃げるだけではいつまで経っても解決できませんし、自己否定ばかりでは気分も滅入ってしまいます。
バランスが重要ですね。

来年は、是非一番乗りで叫んでいただけることを期待して(笑)
4周年もお祝いしていただけて、感謝しています。
そう、あれからもう4年が過ぎたなんて、光陰矢の如しとは言っても本当に夢の様です。

そうですか、四国にも行かれたのですね。
俺達もまた近い内に四国に足を運びたいと考えています。
四万十川だけじゃなくて、桂浜にも行かないといけなくなったんで(^^ゞ
また機会があれば是非行ってみて下さい。美味いもの一杯ですよー。
うどんもですが、鶏の専門店(http://www.ikkaku.co.jp/index.html)、こちらは俺もお勧めです。

軽いチューもしっかり受け止めましたよww
体に気を付けて頑張りたいと思います。
そしてHさんも、頑張ってください。
こちらこそ、引き続き宜しくお願いします。


cyarakoさんへ

お祝いコメント、ありがとうございます!
いつもせわしなくしているのが自分でも溜息モンなんですが、さすがに旅行中はかなりゆっくりしました。
こんな風にメリハリをつけて、自分のon offを切り替えて、上手く付き合っていきたいとは思っているんですけどね(苦笑)
我ながら修業が足りません(-_-;)

はい、仕事もプライベートも、心と時間を割り振って頑張っていきたいと思います。
cyarakoさんも、しゅーちゃんも諦めないでいろいろなことにチャレンジしていってください。


管理人コメントのCさんへ

お祝いコメント、ありがとうございます!

>心の中の葛藤は誰であっても
>言わぬが花 なのです。

嘘も方便、というのはよく聞きます。
俺の好きなB’Zの『夢見ヶ丘』と言う曲の一節に、

『嘘のない言葉は誰かを深く 永遠に傷つけてゆくの』

そんなフレーズがあるんですが。
真っ正直に生きたいと思っていても、人は知らず知らずに罪を犯し、秘密を有し、それを隠蔽したいと望み・・・
自分がまっさらでないと感じるからこそ、眩しいまでの純粋さを求めるという、逆説的な面も持っています。

>嘘でも騙しているのでもなく、秘めてるだけのこと。
>それが何よりなのです。

そう言っていただき、少々安心しました。
でも、カミングアウトをされて自分達の立場を明らかにし、俺達の様な存在をクローゼットではなく世間一般に認めさせていこうと運動されている方々にしてみれば、甘っちょろい考え方なのかも知れません。
ケースバイケースだとは思いますけれども。

伯母のことをご心配いただきありがとうございます。
もうかなりよくなったようですよ。

じーさん、言われて見れば、かっしーにちょっと似ているかもしれませんね。
(なんか、天真爛漫みたいなところがw)
  

桔梗さんへ

お祝いコメント、ありがとうございます!
そういえば、桔梗さんも1月に誕生日を迎えられたんですよね。
ここで、申し訳ないんですが、おめでとうございます(^^ゞ☆彡

>この年になると
>自分がいくつになったかなんて、どうでも良くなるものよね~

まあ、そうですね(笑)
でも年を取るのは素敵な事だなあって思いますよ。
年々、過去の呪縛から解き放たれて自由になっている気がするから。

まあ、いくつになっても、心は永遠の20歳と言うことで!←サバ読み過ぎ(笑)

>体質も変わっていくお年頃・・・

そうでしょう!?
最近俺も、頑張った翌日は結構キツくて(何を?)
何と言っても体が資本ですもんね。
桔梗さんも、どうかお体大切になさってください。


コンタさんへ

今更感たっぷりで、非常に見苦しい事になってしまって恐縮ですが(汗)
お祝いコメント、ありがとうございます!

俺の内部に抱えたものは、多分今がどれだけ幸せでも、いや今が幸せだからこそ、忘れてはいけないのではないかとも思うのです。
全てが俺の血肉になり、俺を形成してくれたから。
だからこそ、彼が俺に投げかけてくれる言葉1つ1つが嬉しいし、皆さんからのメッセージが胸に滲み入るんだと思うから。

>お二人とも、旅行で益々愛を育んだ事と思います。

・・・まあ、相当エ○な(今更な伏字再びw)夜だったんで、育んだのは愛だけじゃないかもしれんけど←黙れ

伯母の事もご心配いただき、ありがとうございます。
お国言葉は、やはり隣県同士だからよく似ているとは思います。
時々、同じ地域の出身だろうなと思う僅かな訛りを感じた時には、やはりその相手に親近感が湧きますよね。


樹さんへ

お祝いコメント、ありがとうございます!
こちらこそレスが遅れまくってすみませんでした。

>楽しいご旅行で誕生祝をされたのでしょうか。

ははは、実はそうですw
昨年は何かと忙しくて、今まで年間に何度もしていたプチ旅行さえ実行できていなかったんで(お互いの休みが合わなくて)、今回の旅に至ったというわけです。
まあ、非日常というのは絶好のスパイスになってくれますよね。
楽しい事楽しい事♪

これからも前進していく為に、自分自身をしっかり磨いていきたいと思います。
そちらも恋人さんとお2人、手を携えてお進みください。

ブログ4周年のコメントもありがとうございます。
仕事でも人生においても、何かに向かって邁進している時、そしてその山を乗り越えた時がゴールではありません。
その後も連綿と続く長い時間を、いかに同じテンションを持続させていくか、これはリアルの俺に与えられた大きな命題でもあります。
ステップアップは必要ですが、今まで築き上げたものの意義を噛み締めながら、これからも無理のないよう(これ、重要)続けていく所存です。
相変わらず中身はバカップルの惚気ですが(汗)、呆れずに今後ともお付き合いいただければ幸いです。





V |  2010.02.21(日) 03:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/597-8791edf3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。