--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.11.30 (Mon)

歌をあなたに Ⅱ

昨日は、というか、昨夜は休日前だっただけに、









【More・・・】




彼と、ちょっ・・・とだけ激しい運動をして(笑)

もうすぐ日付が変わりそうな時刻になって、急に空腹を覚えてしまった俺達w

「ぺヤング、食べたいな」  

「・・・ぺヤング?」

「俺作るから、一緒に食おうか」

「んー、どうするかなー。こんな時間だしなー」

すると、かっしーは満面の笑みで俺を誘う。

「大丈夫、その分は、ちゃんとカロリー消費してるから」(ニヤリ)

「そ・・・・そうだよなー」

って、まさか、第2弾とかあるわけじゃあるまいな?(えええ)



そんな夜の怖い話はともかく、このタイトルの第2弾を(^^ゞ


ローリングストーン日本版でB‘zの特集をやっていたんで、つい飛びあがって喜んで、買ってしまったんだけど。

いやー、期待を裏切らない内容で、俺は大満足ww


そもそも俺とB‘zとの出逢いは、高校時代。
当時付き合っていた彼女がくれたカセットテープに入っていた1曲でした。
そう、まだ当時はiPodなどこの世に存在さえしておらず(当然)、学生にはCDよりもテープが身近だった時代。

とか書くと、本当に自分がオッサンになったような気がしますが、そもそも本当にオッサンなので、ツッコミは無用です(は?)

まあ、そんな時代からずっと長くトップミュージシャンであり続ける彼等を、これからも応援していきたいと思います。

ちなみに、かっしーは俺ほどB‘zファンではないんだけど、彼が一番好きな曲は『ALONE』です。
歌詞にある、


ALONE 僕らはそれぞれの花を
抱いて生まれた 巡り逢うために  
             
(『ALONE』B‘z より抜粋)


というのが、特にいいそうです。
ロマンチストの彼らしい選択だと思います。



さて。


俺のブログからいろいろと音楽関係のブログにリンクを貼っていますが(趣味でプロレス関係のリンクもありますがw)
しょこたんのブログとリンクしているのは多分みなさんもご存知だと思います。
(え? 知らなかったって?)

ていうか、しょこたんが真に音楽関係か、と問われると、ある意味、貝の沈黙になってしまう俺ですが・・・



それ以外の音楽関連のブログがあります。


DAYS CHILDFOODオフィシャルブログ


ハンドフルートという、素手で音を出す技法での演奏者とピアノ演奏者のデュオです。
最近は、こちら関係の知人の方も増えつつある今日この頃(笑)






何時、どんなきっかけで出逢ったのか、と問われるとあまり覚えてはないのですが(おいおい)、
このYou Tubeを聴いて、その不思議な音の魅力と、流麗なピアノの音色に、
もー、赤子の手をひねるかの様に、ころっとファンになりました(笑)

ここのところ疲れ気味なんで、少しほっとしたい時は頻繁に聴いたりしていますね。
俺自身も、まだ生演奏は聞いたことないんですが、あちらこちらで演奏会を行っておられるようなので、機会がある方は是非、行ってみて下さい。

公式サイトはこちらです。






さて、もう1つご紹介を。



池田卓 OFFICIAL SITE

こちらもLIVEで日本全国を渡り歩いておられるようですね。









音声と映像のタイミングがずれているのはご愛嬌で。
(やはりTV映像だから?)
でも歌詞も出ているし、故郷のロケみたいなものも同時に鑑賞していただけるので、あえてこちらをご覧ください。




頑張っておいでよと 握り締めたその手で
いくつもの涙を 拭ってきただろうか
優しい目の奥に その笑顔の向こうに
隠された悲しみを 僕は感じたい

(『おばあちゃんの歌』池田 卓 より抜粋)



歌の中にある、肉親を想う優しさ、自らの体を顧みないほど懸命に注ぐ情愛の深さ。
俺もかっしーもおばあちゃんっ子だったし、この歌がしみじみと滲みてきます。






あ、誤解のない様に言っておきますが。

画像に『沖縄イケメン歌手』、とか銘打ってあっても、決してそれだけで吸い寄せられたわけではありません!←力説


そもそも何故こんなに池田さんに肩入れをするのか、というと。

忘れもしない、彼との出逢いはそう、4年くらい前?
(だったかどうか、既に忘れた・・・汗)

タワーレ○ードで見かけた『うるま』という沖縄の情報誌に、彼のインタビューが掲載されていて、そこに載っていた彼の写真の笑顔が、かっしーがまだ20代のジャニ系(外見が)だった頃の笑顔と、よく似ていたからです!!

正直、目が綺麗で、カッコ可愛い雰囲気がソックリでしたww




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



って、結局、これは惚気なのか!?(大汗)



ありとあらゆる方法で、手を変え品を変え、恋人自慢を行うこの根性。


見上げたもんだよ、大工のフンドシ(笑)


お後がよろしい様でw




スポンサーサイト
01:04  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

・・・元気だなぁ・・・(ぼそっ)

恋人自慢、おおいに結構!
それを聞きにお邪魔しているようなものですからww

最近、流行の歌じゃなく一昔前の歌をipodに入れて良く聞きます。
耳に残るメロディも重要かもしれませんが心の中に響く何時までも忘れない「詩(うた)」に惹かれますねー。
その時自分がどう感じたのかも思い出させてくれますしね。
最近やさぐれているので(苦笑)癒し系に変えようかな、ipodの中身w
そして今日も眠れませんw
金魚 |  2009.11.30(月) 01:58 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.11.30(月) 11:46 |  |  【編集】

そうかぁ。
若いころのかっしーさん、こんな雰囲気だったんですね(^v^
これに、今大河ドラマに出てる人が歌って踊ってた頃のふわふわの前髪をつければいいのでしょうか(笑)

CHILDFOOD、すごいですね。
また、youtube検索が止まらなくなっていくつも聴いてしまいました♪

コロン |  2009.12.01(火) 14:53 | URL |  【編集】

こんにちは。
CHILDHOODは、いつだったかNHKの番組で知り、凄いな・・と思っていましたが、活躍されていたんですね。嬉しいです♪

そして池田卓さんは、私と同じ沖縄出身ですね♪
彼とおばあちゃんのエピソードは微笑ましくもあり、感動して泣けたりします。

実は3年前家族で西表島に行った時、彼の実家(船浮)にも行きました。
知人の事でお聞きしたい事があったので・・・。

連絡船の船長は、彼のお父様でしたが、ハンサムで優しそうな方でしたよ。
お母様とも少し立ち話をし、池田さんの母校の小学校にも行って来ました。

彼の笑顔は、癒されますよね。温かくて優しくて誠実そうで・・・。
かっしーさんの笑顔がそっくりだなんて、何だか分かるような気がします。
かっしーさんは、温かくて優しくて誠実で、そしてイケメンさんなイメージですから!

今日こちらは暖かくて良い天気です。
Vさんもかっしーさんも、どうか素敵な休日を過ごされますように♪
コンタ |  2009.12.06(日) 13:23 | URL |  【編集】

B‘zは友人が大大大好きで、今でもあちこちツアーへ回ってます(元気だ)
人海戦術(どんな時だ!笑)が必要な時は,お声が掛かります。
彼らは本当に広い世代に人気があって
ウチの彼女もよく聴いていますよ。

さて、私は彼らの曲で1番を決めるのは難しいのですが
印象深い曲はと考えると「今夜月の見える丘に」が思い浮かびますね。

そして。
CHILDFOODは知りませんでした。
癒されますね。
ご紹介ありがとうございます^^


そしてそして。

かっしーさんってとっても目力あるんだなーと
しみじみ思いました!
おのろけもありがとうございますw
cyarako |  2009.12.07(月) 10:46 | URL |  【編集】

金魚さんへ

レス、遅くなってすみません。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

>・・・元気だなぁ・・・(ぼそっ)

と言われると、あっち方面だけは多分、きっと、なんて変な自慢をしてしまいそうですが(苦笑)

俺も最近の歌はわかったりわからなかったりで、だからと言って積極的に覚えようという感じでもなく(笑)
まさに、『心の中に響く何時までも忘れない「詩(うた)」』を聴くことが多いですね。
その時の感覚や記憶が瑞々しく甦ってくるのも、時には切なく、時には懐かしくて。

>最近やさぐれているので(苦笑)

体調はいかがですか?
眠れない夜は、あちらでまたこっそりお話でも(笑)
まあ、俺もかっしーも、最近は仕事の方が益々大変になってきて、
というか、過重労働だろう、と会社に掛け合いたいような状況になってきています。
でも、かっしーから出るマイナスイオン(森林か?)をたっぷり浴びている俺は、割合元気かも(^^ゞ
癒し系の音楽とともに、こちらの『バカップルのコント』でも読んで、
「こいつら、つける薬のないアホやん」
って、笑っていただければ本望ですww


管理人コメントのEさんへ

コメレス、遅くなってすみません。
今年もよろしくお願いします。

はい、元気はいつも大体元気ですけどね(笑)
まあ、傍に愛する人が、この上もなく無邪気に微笑んでくれてるんで、なんとかせんといかんなーって気分になりますねww
 
>「ペヤング」という言葉につい反応して
>ああ、昭和の香りがするわ!

昭和の香り・・・・(^^ゞ

今年の新成人は全員平成生まれだそうですが、俺達はまだまだ昭和バリバリ世代ですもんね。

しょこたんのお父さん・・・そんなに凄かったんだ!?
思わずググってしまいました(笑)
うーむ、しょこたんはお母さん似? なのかな?
可愛いっすよねww

>池田さんって、内野聖陽さんに似ていますよね。

あー、濃ゆい男前、ってところはよく似てますよね。
かっしーは色白だから、彼等と全体的な雰囲気は微妙に違うんだけど、南方系っていうか、骨格や眼の感じなんかは本当によく似ています。
見つめられると、逃げられないって感じになるけれど、
でも笑うと子供みたいな無邪気な表情になって、その落差が、

・・・・・あ、これもまた惚気か・・・・・(-_-;)

Eさん、こんなんで、本当に幸せになれるんすか!?

『love phantom』・・・ タイトルからして切ないですよね。
俺はあの曲のイントロのオーケストラが好きです。
静から動への変化に、息詰まるような緊張感もあって。

Miles Davisはかっしーも大好きで、彼の切ないトランペットの音色は、心に響いて夜はホント、ヤバいですよね(^^ゞ
Nat King Coleのシングルなどもお勧めですよ。
情緒豊かで甘美な歌声で、朝なら『L-O-V-E』や『Mona Lisa』などが、心弾んでいいかも知れません。

このように、今年も反応が遅いですが(申し訳ない)、是非またお立ち寄りください。


コロン姐さんへ

年末のご挨拶のみで失礼をしておりますが、今年もよろしくお願いいたします。
そしてコメレス、遅くなってすみません。

そう、若い頃のかっしーって、こんな雰囲気だったんです。
今は大分オッサンになったけど(笑)←ひとの事は言えない俺・・・

>今大河ドラマに出てる人が歌って踊ってた頃のふわふわの前髪をつければいいのでしょうか(笑)

・・・・・すいません、これ、まだ『天○人』やってた頃の話ですよね?(大汗)
ふわふわの前髪・・・・

(考え中、考え中、考え中)

誰のことですか!? 
もしかして、目力の人!?(違う?)
わからないのでこっそり教えて下さい<(_ _)>

CHILDHOOD、いいでしょうw
そちらで今度またコンサートをされるようなので、俺の代わりに是非リアルで応援に行って差し上げて下さい♪


コンタさんへ

レスが遅くなってしまいました。すみません。
今年もよろしくお願いします。

>CHILDHOODは、いつだったかNHKの番組で知り、

そうなんですか!
『行列~』とか『1・2・3』(笑)とか、そういう番組に出演されたとは聞いていたのですが、まあいずれにしても、リアルでは観ていません。
ほんの些細なタイミングでふと出逢った、袖摺り合うも、の演奏家さん達なのですが、益々上達されたようで、嬉しい限りです。
昨年は俺の故郷にも来られたそうで、ネット中継があったんですが、気付いたら終わった後、みたいな(汗)
いつか、リアルで聴いてみたいと思っています。

>そして池田卓さんは、私と同じ沖縄出身ですね♪
>連絡船の船長は、彼のお父様でしたが、ハンサムで優しそうな方でしたよ。
>お母様とも少し立ち話をし、池田さんの母校の小学校にも行って来ました。

・・・・・・・超羨ましいんですけど(>_<)
実は西表島には友人がリゾートに行きまして、もう激しくお勧めされたんですよね。
しかも、仕事中だった俺のところに、ビーチでのんびりくつろいでいる写メまで送られてきて(汗)
何の嫌がらせかと思いましたよ(^^ゞ
俺達は沖縄本島までは行ったんですけど、あちらに行く時間は取れなくて残念でした。
次回は行ってみたいですね。

池田さんのおばあちゃん世代、というと、きっと戦争と切っても切り離せない体験や記憶があると思うんです。
それでも、そんな中を生き抜いて、家族を愛し、育んで、大切な孫を待ち侘びて、痛む体で精一杯のもてなしをする、そんなエピソードには、やはり涙が出たりもします。

池田さんの笑顔、本当に癒されますね。
(雑誌の写真を見て、即買いしましたからw)
これからも応援していきたいと思っています。

コンタさんのところの大パノラマの写真にはいつも心洗われ、そしてコンタさんの呟きにはいつも考えさせられています。

あの青い、吸い込まれそうに深い海の青と、高く果てしない空の青。
俺も深呼吸して、これからも頑張ります。


cyarakoさんへ

コメレス、遅くなってすみません。

>B‘zは友人が大大大好きで、今でもあちこちツアーへ回ってます(元気だ)

と言うことは、cyarakoさん、結構コンサートには行かれているのですね?
いいなあ・・・

彼等の曲は1フレーズ聴いただけでもすぐにわかるし、稲葉氏の声は、誰とも間違えようのない、唯一無二の音声で。
cyarakoさんの印象深い曲は「今夜月の見える丘に」なんですね。
そこには、どんな想い出が介在しているのでしょうか。
お聞きしたいところです。

俺は彼等の日本語だけ使っている(歌詞の中に英語のフレーズが含まれていない)曲が好きですね。
「あいかわらずなボクら」とか「熱き鼓動の果て」とか。
でも今一番耳に残っている曲は、そうじゃないんですけど(^^ゞ

CHILDHOOD、いいでしょう?
頑張ってほしいなあ、と、遠くから子供を見つめる親の様な気持ちで(ん?)応援しています。
なんて言ったら、彼等に失礼かな。

>かっしーさんってとっても目力あるんだなーと

そうなんですよね。
彼に見つめられると、俺は蛇に睨まれたカエルのような状態になってしまうんです(微・ノロケ)

あ、別にその後、丸ごと食われるとか、そういう意味ではありませんので、念のためww
(↑言ってないのに)

V |  2010.01.13(水) 00:43 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/581-66de27f7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。