--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.08.06 (Thu)

祈念の日に(追記あり)

今回の件で、ご心配をお掛けしています。
たくさんのお見舞いメッセージ、本当にありがとうございます。

投薬と点滴でかなり状態は回復しつつありますが、やはり、体調不良というよりも、過労と言った方が適切なのかも・・・な雰囲気です。

厄年にはまだちょい早い・・・つもりですが、少しずつ仕事をセーブすることも必要なのでしょう。

って、わかっちゃいるけど止められない、そんな俺なんですが。







ここからは、別の記事です。
決して明るい話ではありませんが、よろしければ是非。




【More・・・】
今日は、祈りと鎮魂の日です。

8時15分には、彼と2人で、俺達の住んでいる街から、彼の地に向かって黙祷を捧げました。
帰広しようかと思っていた位だったのに、こんな時に体を壊してしまってホント悔しいです。


今日の祈念式典や平和宣言はYahooのニュースでも取り上げられていましたね。

平和宣言 →http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090806-00000003-maip-soci
記事    →http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090806-00000051-mai-soci           
記事    →http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090806-00000656-yom-soci


以前の記事でも書きましたが、入市被爆した俺のじーさんは豪放磊落というか、家を飛び出して外国航路の船乗りにまでなった、バリバリの?海の男だったんですが、生きている間は原爆について多くを語ろうとはしませんでした。
オヤジの歳の離れた弟(俺の叔父貴ですね)は戦後生まれで、つまり『被爆2世』だったわけですが、彼は癌で若くして亡くなりました。

誰に訊いても多分答えの出ない質問だと思いますが、その死と被爆の関連性は本当にあるのか・・・・・



核保有国によって何度も繰り返される核実験や、原爆投下賛成論がまだ大勢を占める原爆投下国の現状に虚しさを覚え、時にはヒロシマ・ナガサキを語り継ぐ意味や価値を見失いそうになるけれど。

でも絶対に忘れてはならない祈念の日だと思うのです。

歴史は、その悲劇を忘れた時に、また繰り返されてしまうから。


毎年、これからナガサキ、そして終戦へというこの時期だけ、急に(TVでの)反戦番組や(ブログ)記事がたくさん出てくる、などと言った批判も聞いたことはありますが、いつも考えているわけではなくても、頭の何処かに必ず存在している、俺にとって、これはある意味、人生におけるテーマなのです。




<追記>

かっしーが先ほど帰って来ました。
鞄を脇に抱え、手にはお土産という、典型的な?リーマンの帰宅風景(笑)

玄関まで迎えに出た俺に、大丈夫か?

って声をかけて、

「お好み焼き買ってきたからさ、一緒に喰おうぜ!」

と、はしゃぐ彼の手には、おみやのお好み焼きが2個もw

って、どうしたんだこれ?

「実は帰りに通った駅ビルのテナントに入ってるお好み焼き屋さんがさ」

「うん」

「いや、暑いからなかなか売れないんだろうな。いかにもバイトな感じのにーちゃんが店を飛び出して、通路みたいなところで売っててさー」

何となく可哀相な感じがして、つい買ってしまったらしい。
それで、店員のにーちゃんは泣き出さんばかりに喜んでいたらしい(汗)
多分売り切れないと店に帰れないんだろう、って彼は笑っていた。


・・・・・・・まあ、それはいいけれども。

俺もいつまでも寝ていないで、少しずつリハビリもしないとな、と思って、今夜は夕飯なんぞ作ってみたんだが。
(実際、俺はまだほとんど食べられないんだけどね)

「あ、それもちゃんと食べるよw」

「・・・食い過ぎると太るぞ」

太っても俺は別にいいけどね、なんて心の中で独り言を呟きながら、俺もお好み焼きを温める準備にかかった。


ちなみに今日の夕食は、

牛肉と玉ねぎ、キノコとピーマンの炒め物
冷製スパのサラダ
サバの煮付け←ショウガを利かせて
(明日の朝食も兼ねて)

でした。
超簡単メニュー3点です。
魚の煮付けを作る時には、まず出し汁を沸騰させて、その中に魚を入れましょう。
身が崩れません。
って、みなさん御存知ですよね。

ちなみに写真はないです、すいません<(_ _)>


食事が終わって満腹になって、一息ついた時、かっしーが、

「こんな風に一緒にお前のメシ食って、それが凄く美味くって、

 でも、それが平和だっていうことなんだよな」

本当に嬉しそうに話す彼の笑顔が眩しくて。

どうしてこいつはいつも、こんな核心をつくことを、自然にさらっと言えるんだろうな。

小難しい理屈なんか必要ない。

俺の、変に頑なな、張り詰めた気持ちが、すっと解けて楽になって。

あーあ、絶対こいつには勝てねーんだろうな。



たまには(調子悪いから? 笑)臆面もなく惚気全開で終わります(笑)
スポンサーサイト
19:09  |  日記  |  トラックバック(1)  |  コメント(5)

Comment

見上げれば

今夜はとても美しい満月でした。六十四年前も、傷ついた人々を、焼き尽くされた大地を、罪を背負って帰るエノラゲイを、月は照らしていたのでしょうか。

薄曇りに滲む月は、泣いているように見えました。
某姉 |  2009.08.07(金) 01:03 | URL |  【編集】

体調良くなってきているようで良かったです。
でも無理せず、ゆっくりまったりお休みくださいね。
私は点滴というと、初めてしたのが中学生の時。
風邪で病院に行ったとき、熱が高いということで点滴されました。
点滴の間中、観葉植物ってこんなかな?と、考えていたことを点滴をするたび思い出します。

戦争は、あってはならないこと。
でも、いまだに無くならない争い。
日本での、この傷跡は無くなったようで、無くならないのですよね。
先日ニュースで見たのですが、今広島の記念公園(名前あってますか?)の辺りが原爆前どんなだったか?
CGで復元をしているそうですね。
きっかけは外国人記者が、公園がもともと公園であったと思っていたことだったとか。
本当の姿を見てほしいと、今当時の事を調べているとありました。
とても活気のある町だったようですね。
それが一瞬で無くなった。
実に哀しいことです。
本当にあってはならない、出来事ですよね。

普通の生活、何気ない日常がどんなに幸せなことか。
そういう気持ちに気づくとき、今ある現実が愛おしく感じます。
かっしーさんも、とても今幸せなんですね。
愛されてるVさんは、幸せ者だ!

るるる |  2009.08.07(金) 09:36 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.08.20(木) 23:40 |  |  【編集】

本当に、本当にご無沙汰しておりますe-330
Vさん宅さえ訪問できないなんて私には世も末e-263
お身体を壊されていたのにお見舞いも出来ずに申し訳ありません。
私も仕事は忙しく体調も良くなくて・・
Vさんの今年の祈念の日の記事は・・・と思いながらも疲れて果て・・・

1年の中で戦争の事を考えるのはやはりこの時期になってしまいます。
今年は2重被ばくの方が200人もいらしゃると伺って胸が痛みました。
まだ見ていませんがいくつかの番組を録画しています。
う〇きつよしさんのB級戦犯だったというお父さんとの旅など・・・
今年もお盆前に友人と広島に日帰りしました。
時間的余裕がなかったので車の中から平和記念公園の前で手を合わせることしかできなかったのですが。
米大統領と共に核のない世界へ近づけますように。


まかろん |  2009.08.24(月) 06:43 | URL |  【編集】

もう1カ月以上前の記事に、今頃なレスで本当に申し訳ありません。

ご存知の方も大勢いらっしゃると思いますが、この夏、福山雅治さんがラジオ番組の中で、自らが被爆2世であることを告白されました。
いくら芸能人であると言っても非常にデリケートでプライベートな事を公の場で堂々と発言され、正直言って、それは俺にとって天地がひっくり返るような出来事でした。
胸に楔を打たれたような衝撃を受けました。
と同時に、彼の勇気ある行動に感じ入りました。

誰もがこんな風に告白できるわけではないとは思いますが、彼の様な人がいる限り、ただ風化して朽ちていく記憶が何度でも鮮明に蘇り、次世代に語り継いでいけるのではないかと思います。


某姉さんへ

レスが遅くなってしまい、大変申し訳ありません。

10月に入って、澄んだ空気の中、月がますます美しくなってきたように感じます。

彼の日、泣いているように見えたそちらの月は、今はいかがでしょうか。

64年前のあの日、大勢の人々の魂が燃え、大地が焼け、罪を背負ったと思っていない戦士達を乗せたエノラゲイこそが、もしかしたら泣いていたのかもしれません。

そんな罪を犯すように『教育』された兵士達も、また戦争の犠牲者なのだと思います。


るるるさんへ

レスが遅くなってしまい、大変申し訳ありません。
ご心配ありがとうございました。

ゆったり、と言うか、バッタリというか(汗)おかげでどうにか回復いたしました。
点滴や注射はあまり好きではありませんが(ていうか、基本みなさん嫌いだろうって話なんですが。汗)

本当に調子が悪い時の点滴って、 カラッカラに乾いている自分がスポンジみたく養分を吸収して、潤ったような気分になれますよね(^^ゞ

>点滴の間中、観葉植物ってこんなかな?と、考えていたことを点滴をするたび思い出します。

↑わかります、この観葉植物感覚(笑)

平和公園復元映像製作委員会のCG、凄いですよね。

>戦争は、あってはならないこと。
>でも、いまだに無くならない争い。
>日本での、この傷跡は無くなったようで、無くならないのですよね。

とても活力のある町が一瞬で消え去り、愛する人間達が一瞬で命を絶ち切られる。
生き残っても大きな傷跡を体にも心にも刻んで、生涯重い荷物を背負って行かなくてはならない。

人が生きていく限り、この魔の連鎖は続いていくのでしょうか。
『戦争の世紀』と言われた20世紀を通り抜け、21世紀を迎えても、人類の叡智を集結させ、世界平和を紡ぎ出すことは不可能なのでしょうか。

>普通の生活、何気ない日常がどんなに幸せなことか。

何が普通で何が普通でないのか、混沌としたこのご時世では推測の域を超えませんが、飛び抜けた幸せではなくても、毎日新しい朝を迎えられることや、毎日空っ腹を抱えることなく飯を食えること、愛しい人が傍にいること、そんな今の現実が限りなく愛おしく眩しいです。
だから俺は幸せだし、かっしーにも幸せを感じて貰えるように頑張りたいと思います。


管理人コメントのSさんへ

こちらこそご無沙汰で申し訳ありません。
そして、レスが遅くなりました事、お詫び申し上げます。

体調の方、ご心配いただきありがとうございました。
避暑地での療養がよかったんだと思いますが(^^ゞ 
今はもう復調しました、と断言出来るようになりました。

ダッシュよりジョギング、ジョギングよりウォーキングって、まさにその通りですよね。
世の中不景気ですから、仕事が出来るだけ有難いのかな、と思いつつも、命と引き換えというのでは、些かやり過ぎな気がしますので、そんな具合に進めていきたいと思います。

さて、俺の大好物の(笑)長文コメントをありがとうございます。
原爆と平和に関する、ここ最近の動きでは、オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞し、ヒロシマとナガサキ2つの祈りの地がオリンピック招致を発表したなど、相当な変化があったように思います。

毎年やってくる慰霊と不戦の誓いの日。

俺自身、日々の忙しさに時には忘れそうになることもありますが、こんな風にSさんが忘れまいと考えて下さっていることを本当に心強く感じています。
戦争の罪は何年経とうが消えないし、どれだけの償いをしても絶対になかったことには出来ないと思います。
だからこそ安易に戦争を始める事は許されないし、大国の論理でそれ以外の国を巻き込んだり、他国の人々の健康や安全を奪うことは許せません。

>たくさんの方が放射線によってDNAレベルで傷付き、
>傷ついた遺伝子を子供たちが受け継ぎ、
>被爆2世3世の健康被害になっているんだと思います。

じーさんは、あの日あの街に入ったことを後悔していたのだろうか?

だから生きている間、体験を語ることなく逝ってしまったのか。

逆縁の不幸、そんな運命を辿った俺の叔父貴の死を自分の罪だと思っていたのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

いくら考えてもやはり答えは出ません。

戦争の記憶、というのは、忘れようとしても忘れられず、多分誰かと痛みを共有しようとしても出来ない、悲しみという言葉では表現し切れない辛いものなのでは、と思います。
これ以上、核の使用や保持を許さず、この思いを新しく誰かに味あわせることのない世の中にしていくことが、あの地獄の中で散っていった多くの命と涙と無念に対する何よりの鎮魂だと思います。

Sさんもお体に気をつけて。


まかろんさんへ

こちらこそ、ご無沙汰しております。
レスが遅くなってしまい、大変申し訳ありません。
そちらへは時間(と俺の体力(^^ゞ)が許す限り通っておりますが、まかろんさんこそ体調が思わしくないご様子で心配です。

俺も、さすがに今は録画していた番組を見終えましたが(汗)

戦争について、この時期だけ(殊更騒ぎたてる)という論調は、ここ何年間かマスメディアや(個人の)ブログの記事などにも台頭してきている様ですが、1年の中でこの時期に考えなくて一体いつ考えるんだ、と言いたいくらいです。

原爆だけでなく空襲等によって大切なものを喪失した悲しみや怒りや苦しみは、想像に難くありません。

>今年もお盆前に友人と広島に日帰りしました。

写真、そちらで拝見しました。
うん、あれは広○駅の北口の方ですねw
あそこから中に入って右側の方にお土産物を売っているところがありますが、そこにかっしーお勧めの『川○り餅』が売っていますので是非。
(ていうか、何のCM?)

時間的に厳しい中、平和記念公園に寄って下さり、ありがとうございました。

核と人間は共存できません。
核の無い世界へ一歩ずつでも近づいて行けるよう、心から願って止みません。
V |  2009.10.12(月) 01:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/556-7d6c3fcf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

祈り 想い こころが形となったもの 暑い夏 折り鶴に切なる願いを込めて
2009/08/08(土) 00:37:24 | Bloom*

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。