--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.04.12 (Sun)

いつか 笑い飛ばせる日のために


随分と長い間、ここから遠ざかっていた様に思います。





【More・・・】

せっかくコメントしていただいても、放りっぱなしの体たらく。
そして、お付き合いのあるブロガーさん達のお宅にもご訪問しながら、ご無沙汰な期間(もう、日々などというものではない)が続いています。
ブログの閉鎖もチラッと考えましたが、こんな中途半端な形での終了はあまりにも礼を失すると思い、現在に至っております。

いろいろな意味で、こんなに心身共に疲れ果てた、窮屈で余裕のない時間は久しぶりです。
自分の能力不足に、器の小ささに、正直凹んでもいます。




自分を、しょーもない(仕方がない)人間だ、駄目な奴だ、と自分で認めることは、本当に物凄い勇気がいることだと思う。
いや、もしかしたら物凄い絶望が必要なのかも知れない。


4月1日に、俺のいる会社にも、多くの新入社員が入社してきました。
早速新人研修に、挨拶回りに、とあちこち引っぱりまわされているようで、入社時の若くて眩しい彼らのオーラも、学生時代とは全く違うハードで気疲れする仕事をこなす中で、ややくたびれ始めているようにも見えます。


・・・・・・・・・って、既にくたびれ果てている俺が、人のことはとやかく言えないんだが(^^ゞ





俺だって、今でこそ、そこそこ管理職として偉そうに構えているけれども、最初から上部にいたわけじゃないし、そうなる兆しさえ見えなかったんじゃないのか。
そう思う。
新入社員なのに生活態度も良好とは言えなかったし時間にもルーズで(←まず、人としてどうなんだ、という。汗)、こなせる仕事の量だって当然、今の俺からみたら、何分の一でもなくて。
大ベテランの後釜?として配属された部署だったが、悲しいかな、こんな状態では、上司からの信用もほぼなかった。
それなのに、あれがしたい、こんな案はどうですか、と、自分では考え抜いた積もりの企画や提案を持ち込んでは、その先から、悉く上司に却下されて、逆恨みに近い、苦々しい思いを抱いていた。

ちっぽけな人間、役立たずはどちらか、火を見るよりも明らなのに。

さすがに給料ドロボーとまでは言われないにしろ、はっきり、

「お前がどんなに一生懸命やっていると自負しているつもりでもだ、実際は役に立っていないのと同様なんだ」

足手まといで半人前のくせに給料を貰うんだから、1年ぽっちで簡単に辞めていくなよ、ノウハウだけをちゃかり身につけてサヨナラ、じゃなくて会社にちゃんとお礼奉公しろよ、と口を酸っぱくして言い聞かせられた様な気がする。
終身雇用制度がすっかり崩壊してしまった、現在のご時世とはまた違った束縛ではあった。



滅私奉公までする気はない、と嘯いても、そうしないと仕事が回らないことだってある。
どんなに無茶に思えても、取引相手の要求を満たせるよう、果たさなくてはならない責任を果たし、信頼を構築する。
その繰り返し。
ビジネスの世界では、いや、いざ社会に出れば当然のことだ。


初心忘るべからず。

よく言われる言葉だが、凝り固まった心にこびり付いた垢を落とすのは実に難しい。


正直、精神的にかなり追い詰められているのを感じます。
俺は弱く、情けなく、格好悪い人間です。

そうじゃないと感じて下さる方々、俺の精一杯の『ツッパリ』『悪あがき』を温かく見守って下さり、ありがとうございます。



でも。

こんな俺でも、誰かを支えられるのなら、貴方に伝えたい。


貴方の言葉は確かに重いけれど、俺が不愉快な思いをしたり、俺の負担になったりすることは絶対にありません。
だから安心して、また愚痴りに来て下さい。
忘れ去ってしまいたい、そんな辛い記憶かも知れないけれど、それは未来の貴方の為に、どうしても必要だった経験だと思います。


俺が青臭くて、ろくでもない奴で、だからこそ、そんな自分から脱却して成長したいと痛切に願った時期。
仕事においてどうにもならない危機を抱えていた頃、歯を食い縛りながら耐えていた俺を支えてくれた歌があります。

B’zの『Wonderful Opportunity』という曲なんですが。 




手も足もでないような 悩みに縛られて
ひとりきりむりやり酔っぱらってアルバムを抱いて寝た
目が覚めれば自分が悪い それだけで何も変わってないね やっぱり

逃がさないで 逃げないで 胸の痛みと手をつないで
明日を迎えよう
イヤな問題 大損害 避けて通る人生なら論外
生きてるからしょうがない

(略)

窓の外すがすがしく 晴れてれば晴れてるほど
悲しくなるのはとても寂しいことだと思います
僅かな月日で積み上げた 幻を後生大事に拝むのはもうやめた

(略)

逃がさないで 逃げないで 胸の痛みと手をつないで
明日を迎えよう
イヤな問題 大損害 避けて通る人生なら論外
生きてるからしょうがない

(略)

楽になりたい 泣きだしたい いつか今を軽く笑い飛ばしたい
なんとかなるよ


(B’z 作詞 稲葉 浩志  作曲 松本 孝弘)




この、『いつか今を軽く笑い飛ばしたい なんとかなるよ』というフレーズは、彼らの別の曲『GUITAR KIDS RHAPSODY』(名曲ですw)の中の、


ゆずれないことをひとつ 持つことが本当の自由さ
束縛されないことが Baby 自由じゃない


というフレーズと共に、かっしーと出会う前の俺を、長いこと励ましてくれたメッセージソングの歌詞でした。
かなり古い曲でなんですが、よかったら聴いてみてください。



思いっきり私信になってしまいましたが(笑)、最後に、うちの恋人の言葉を贈ります。

「俺達の住むこの世界は、とても美しくて、素晴らしいものがたくさんあるんだよ」

それを見つけ、丹念に拾い集めていくのが、人生の醍醐味なんだろうと思います。






スポンサーサイト
03:33  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.04.12(日) 17:03 |  |  【編集】

管理人コメントのKさんへ

遅レスで申し訳ありません。
そして、いつも応援していただきありがとうございます。

さて。
この記事を書いた時の俺は、どうしようもないくらい疲れ果てて、睡眠もあまり取れていませんでしたから、自分で思っているよりナーバスでネガティブな状態に陥っていたんだと思います。
やはり、人間は眠らないと駄目ですよね。
今はかなり復活しましたので、どうぞご安心ください。
それから、ここの閉鎖は今のところ、考えていませんから。
ご心配をおかけいたしました。

Kさんこそ、疲労困憊のご様子。
どうぞ気をつけて、倒れられる事のないように十分休息を取ってください。
そして気分転換に、こちらもご訪問いただければ幸いです。
V |  2009.04.19(日) 15:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/530-95dc06c4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。