--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.01.18 (Sun)

約束の朝

某ブロガーさん家等々の記事に触発された、と言う訳でもありませんが。
(というと嘘臭くなりますがw)



【More・・・】


自宅でパンを焼いてみました!

これが物凄く簡単で、しかも美味い!

材料さえあれば、なんだか毎日でもイケそうな気がしますー(笑)


パン1
こんなんで大丈夫なんか!? と思いましたが。
      ↓

パン2
おー、生地がいい色にww
      ↓

パン3
出来上がり!


プレーンな味わいなので、バターやジャム、蜂蜜をつけても美味いし、中にいろいろ練りこんでも美味いと思います。

作り方はこちら


パン4
断面w 
いやー、ビギナーにしてはなかなか←自画自賛


ベッドで眠そうにグズグズしていたかっしーが起き出してきたんで
(夜は全然寝そうになかったのにww)←深い追及はナッシングで(^^ゞ
2人で遅めのブランチを。
 

一口齧ったかっしーに、自作のパンだってタネを明かすと、

「美味っ! 何コレ、マジでお前が焼いたの!?

へー、天才だなー、お前ww」


って、他人様のレシピのおかげで、ここまで喜んで貰える果報者の俺(^^ゞ

最後に、

「V、こんなの一体何処で習ってくるんだ?」

という追及があるのもお約束なら、それに対して、

「ネットで」

と、(流暢に?)俺が答えるのも、もうお約束でww


うーん、醤油が焦げる匂いには全人類(人種を問わず)を惹きつける力があると言いますが、コーヒーを入れる香りやパンを焼く香りにも、同じくらい魅力があるかもしれません。

いい朝でしたよ。  










さて。


1日経過してしまいましたが。

あの1・17から14年の月日が流れました。

中学生以下の少年少女達は、地元であっても恐らく記憶も体験もなく、
報道をまるで、何処か遠い国の昔語りのように聞いたかもしれません。

それでも。
 
何の前触れもなく無残に奪い取られた命を、生活の一部を、
何年経っても何十年経っても、忘れられぬ人がいる。

涙の枯れぬ人がいる。

過去に呪縛されるのではなく、消し去ってはいけないもののために、鎮魂の祈りを込めて、今年も手を合わせた。


以前新聞で読んだ、震災時でも美味しいパンを食べて貰いたい、という思いで『パンの缶詰』を開発された企業の話を思い出したので、パン繋がりって事で、多少強引ですが、まとめてみました。

スポンサーサイト
18:51  |  恋愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.01.18(日) 22:16 |  |  【編集】

本当におひさしぶりでございます

今更ですが、今年もよろしくお願いします

パンの缶詰の話。。。知りませんでした。。。
でも、今たまたま パンの缶詰が3缶もありまして、
(あっ、すでに3缶食べたのですが、、、会社の備蓄の処分品です)とってもおいしいでんですよね。。。
温めるとさらにおいしいのです

そういう意味があったなんて

残りの3缶は さらに 噛みしめておいしく食べますわ
えりえり |  2009.01.18(日) 22:22 | URL |  【編集】

美味しそうo(≧▽≦)o
やはりお嫁に来て下さいe-266

パンの缶詰の事知りませんでした。
ありがとうございました。
まかろん |  2009.01.18(日) 23:16 | URL |  【編集】

すごい!パン作りですか!!
実は僕も興味はあたりするんですが、なかなか。
(先日、洋服を買ったときにプレゼント応募券なるものを
もらったので、ホームベーカリーにチェックをして
箱に入れてきましたがww)

いいなー、焼きたてパンの匂いがする朝!!
でも食べてくれる人がいないので、僕はきっと
作らなそう><
樹 |  2009.01.18(日) 23:49 | URL |  【編集】

今はレンジで簡単に発酵出来るやり方もありますよ~!
うん、焼きたてのパンの香ばしさは最高ですね~♪
それも自分の為に手間暇かけて作ってくれた物なら尚更ですし。
私も明後日また焼こうかな~?ww
・・達成感があるだけなんですけどね、私の場合(苦笑)


パンの缶詰、見た事があります。
デパートの防災グッズ売り場ですが・・・。
人の真心が沢山こもっている商品だと言う事がわかりますね、そういうお話を聞くと。(*^_^*)
金魚 |  2009.01.19(月) 00:26 | URL |  【編集】

あんれま!!
ここにもパン職人さんが!
では、私はバターを持っていそいそと
一口もらいにww

あれから14年ですね。
今でもTVから流れてきた映像は
はっきりと思いだすことができます。
今ではほとんど神戸ですら触れられることの
なくなってしまった震災ですけど
今でも辛い生活を送っておられる方も
いることでしょう。
年が明けて、だんだんと普段の生活に
戻ってくると、毎年あの日を思い出します。
ねこまんま |  2009.01.21(水) 16:20 | URL |  【編集】

すみません、このレスの遅さ・・・
殺人的です(汗)
どうぞ寛大な心でお許しください。←勝手な(-_-;)



管理人コメントのMさんへ

>いやー、触発されてるでしょう~www

ははは、バレてしまいましたか(^^ゞ
でも、たくさんのくすぐったいような(ワンダフルとかw)お褒めの言葉、ありがとうございます。
このお料理ブログ、とても便利で実はよく利用しているんですよ。
これとは全く違うレシピでパンを焼いたこともあるんですけど(フライパンで焼くのだ!)
今回思わぬいい出来で、ビギナーズラックというのか、セカンドバージ・・セカンドラックというのか(汗)いい感じでしたよ。
Mさんもどうぞ、おいしいパン焼きにトライしてみてください。

かっしーはいつもの調子で、
「へー、凄いな、お前!」とか、
「最高だよ、V」とか、
ってのを連発して(笑)
これも非常にくすぐったかったですね。

>作り甲斐もありますなー。

はい、これだけ喜んで貰えたら、おつりが来るくらいです(^^ゞ

1.17についてのお話、真摯に受け止めさせていただきました。
実際の天災の爪痕や実体験がなく、遠い出来事のように思われると仰られましたが、俺だって、原爆投下然り、阪神淡路大震災然り、その場での実体験があったわけではありません。
しかし人には、想像力、という力があります。
あの日、あの時、あの地で何が起こったか、それによってどれだけの人が嘆き悲しみ、または多くの取り返しのつかないのものが失われたのかを考える、想像することさえ失くしてしまった時に、またあの惨禍が繰り返されるような気がしてなりません。

知識だけの祈りであっても構わないと俺は思っていますし、「パンの缶詰」の職人さんの様に、自分達が出来ることを模索し実行していく、それこそが本当の意味での継承なのだと思います。

それからもう1つの件(笑)了解いたしました。
と言っても、もう既に・・・・ですがねw
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。


えりえりさんへ

こちらこそ、ご無沙汰ですみません。
今年もよろしくお願いします。
俺も、そちらの諸国漫遊記、楽しみにしてますから(^^ゞ
(ヒューマンウォッチングもねww)

さて、パンの缶詰、俺も何かのイベントで初めて食す機会があったのですが、これがとても美味くてビックリしました。
使わない(災害がない、ということです)のが一番だと思える備蓄品ですが、最終的に廃棄処分するのではなく、社員の方の口に入るのっていいと思いますよ。
そう、温めると更にほんのりとした甘味と旨味が引き立つんですよねw
もう完食されましたか?
(ええ、もうとっくに! という声が聞こえてきそうですw)


まかろんさんへ 

>美味しそうo(≧▽≦)o ←可愛い・・・

はい、パンは大成功でしたよww 
でも、嫁には行けません。すいません(汗)

っていうか、立場的には?まかろんさんが嫁に来るんじゃ?って話なんだけど!?

パンの缶詰の事、知っていただけて嬉しいです。
支援(物資)と思って無節操に送った食べ物や物資が、賞味期限や保管上の問題で支援にならなくなってしまう事は、現地でもかなり深刻な問題だったようです。
それぞれの災害に応じた支援の方法を考えていくべきだと思います。


樹さんへ

うん、ついに俺もはまってしまったよ、パン作りに(笑)
こんな筈じゃなかったんだけど(^^ゞ

ホームベーカリーまで行っちゃうと、元々ズボラな俺はきっとしない!(キッパリ)
と断言できるので、身近な材料とレンジで簡単に出来るものにしました。

>いいなー、焼きたてパンの匂いがする朝!!
>でも食べてくれる人がいないので、僕はきっと 作らなそう><

そう、俺も自分1人なら多分作らないような気がひしひしとしていますが(^^ゞ

一人で暮らしていると、どうしてもメシがいい加減になってしまいがちなので、樹さんも十分お気を付け下さい。


金魚さんへ

>今はレンジで簡単に発酵出来るやり方もありますよ~!

おー、大先輩がこちらにww
金魚さんのところのパンも美味そうでした(^^ゞ
(レーズン入りw)
手間の価値って、本当に嬉しいですよね。

焼きたてのパンの香ばしさや淹れたてのコーヒーの香りって、なんであんなに幸福感を掻き立ててくれるんでしょうね?

>パンの缶詰、見た事があります。
>人の真心が沢山こもっている商品だと言う事がわかりますね、

そうですね。
この缶詰、今は地域の空港等の保管倉庫にも備蓄されていて、災害の時には即対応(空輸)出来るようになっているそうですよ。
(と、関係の友人に聞きました)

で、バキッとなっちゃった指の方は大丈夫なんですか?(汗)
気を付けてくださいね。


ねこまんまさんへ

>あんれま!!

↑この叫び? なかなかナイスですね(笑)

ねこまんまさんのところはパンは焼かないのかな?
もしも焼いたら、俺は手作りの「ゆずジャム」を持って、隣の晩ごはん風にご自宅訪問だ!(笑)

なーんてね。
ちなみに一口以上食べると思いますww

昨年、俺は忙しさを言い訳にルミナリエの話ができなかったのですが、ねこまんまさんがあんな風に記事にして下さって、本当に感謝しています。
あれから14年、されど14年ですよね。
俺も1月に入ると、当時の不気味だった大きな振動や、神戸の友人や大阪の親戚に震えながら電話をしたことを思い出します。
何事においてもそうですが、被災当初には共有出来た思いが、今は自分のこととして感じにくくなっているように感じます。
まだ、そんなことにこだわっているのかと言われても、絶やしてはならない灯があると思うんですが。

では体調に気をつけて、旅行をしっかり楽しんで来てください!
(もう出発されているでしょうがww)
V |  2009.02.24(火) 02:05 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/513-6c9d42fe

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。