--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.08.07 (Thu)

この耳をふさいでも 

今年は、6日に広島に行けませんでした。

毎年の恒例行事に近かっただけに、本当に残念でした。


【More・・・】
その代わり、と言ったらなんですが、俺の関連のあるブロガーさん方が訪広されたり、8月6日関連の記事を書いてくださったりしました。

ありがとうございます。

後でそちらにトラバしに行かせてもらいますねw





夏の、この時期のヒロシマではなく、秋の広島にかっしーと行ったことがあります。

あちこち案内したんだけど、平和公園も一緒に歩いて、

「不謹慎かもしれないけど、こうやってみるとホントに綺麗だよな」

赤に黄に色付いた、木々の隙間に映える原爆ドームを見上げて、何枚か写真を撮影しながら、

「でも、こんなに美しいものを壊して、人の命を奪ってしまうものが戦争なんだよな」

本当に惨いよ、と彼は嘆息しました。

ドーム







たとえば。


「被爆は感染する」

と、何の医学的根拠もなく、真実でもない風評で、差別された。

被爆者だとわかった途端、手のひらを返したかのように、

酷い言葉を浴びせられ、

仕事を辞めさせられたり、決まった縁談が壊れたりもした。




あの地獄を行き抜いたのに。












知人が教えてくれたこの歌の作曲者についての記事が掲載されていました。

初めてこの歌を聞いた時の、何とも言えない気持ちがまざまざと蘇ってきたので、申し訳ありませんが、引用させていただきます。




『折り鶴』     (作詞・作曲 梅原司平)


生きていてよかった それを感じたくて

広島のまちから 私は歩いてきた

苦しみをことばに 悲しみをいかりに

きずついたからだで ここまで歩いてきた


この耳をふさいでも 聞こえる声がある

この心閉ざしても あふれる愛がある

はばたけ折り鶴 私からあなたへ

はばたけ折り鶴 あなたから世界へ



生きていてよかった それをみつけたくて

長崎のまちから 私は歩いてきた

この胸のいたみを うた声にたくして

焼けあとの下から ここまで歩いてきた


この耳をふさいでも 聞こえる声がある

この心閉ざしても あふれる愛がある

はばたけ折り鶴 私からあなたへ

はばたけ折り鶴 あなたから世界へ






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






戦争は、建物や自然やそんなものだけではなく、

人の心を壊し、容易に人を鬼夜叉に変える。





だから忘れてはいけないのだ。

だから伝えていかなくてはならないのだ、と思う。




穏やかな日々を笑って過ごすことが出来る。

人が人として生きることが出来る。




それは平和なしには在り得ない、ということを。





スポンサーサイト
22:37  |  日記  |  トラックバック(1)  |  コメント(7)

Comment

今年も暑い季節になりましたね。
私の両親は、戦争時小学生ぐらいだったと思うのですが、小さいころ当時どんな感じだったか。良く聞かされてました。
今の若い子は戦争があったこと事態わからないという時代です。
6日、ニュースで流れた時娘に、これは何をしているのか聞かれました。
説明不足だったとは思いますが、私が知っている事を分かりやすく教えたつもりです。
なかなか子供には、伝えにくいことではありますが、平和で生きてがんばっていられることのすばらしさを、わかってくれたらと思ってなりません。
るるる |  2008.08.08(金) 01:21 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.08.08(金) 23:41 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.08.09(土) 20:19 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.08.09(土) 22:16 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.08.11(月) 23:22 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.08.12(火) 09:07 |  |  【編集】

俺がこの『折り鶴』という歌で一番心を揺さぶられるのが、
この記事のタイトルでもある『この耳をふさいでも 聞こえる声がする』というところなんです。
俺のじーさんがオヤジに、
「あの時の街の様子は、本当に酷かった。何十年たっても目に焼きついて離れんし、今でも、助けを呼ぶ声が聞こえるような気がする」
そんな被爆体験を、ぽつりと語ったと言う話を以前聞いたことを思い出したからです。

毎年、俺の中の節目として、8.6、8.9についてここに書かせて貰っていますが、今年もみなさんからのたくさんのメッセージをいただくことが出来て本当に嬉しく思います。
そして、不戦の誓いを新たに、拙くも出来る限り長く語り続けていきたいと思います。


るるるさんへ

レスが遅くなってすみません。
8月をことさら特別扱いするのもどうかと思うのですが、毎年、この時期には戦争特集が組まれますよね。
るるるさんのご両親のように、普段から当時の様子などを伝えられていたのは、とてもよいことだと思います。

>6日、ニュースで流れた時娘に、これは何をしているのか聞かれました。

身近に現実として存在していないことを伝えていくのは(たとえ興味・関心を持たれたとしても)なかなか難しいことです。
俺達大人には、当然の如く存在するものではない『平和』を守る使命があると思いますから、何度も何度も繰り返し伝えていくことが必要なのだと思います。
失って初めてその価値がわかるなんて経験を、今の子供達にさせるのはあまりにも辛いことです。


管理人コメントのCさんへ

レスが遅くなってすみません。
俺達の体調へのお気遣いもありがとうございました。

そうですね、1年って本当にあっという間ですよね。
(もー恐ろしいくらいっす。汗)

時が経過するにつれ、薄らいでいくのは仕方ないと思いますが、『なかったこと』には絶対出来ませんので、どんな形であれ語り継いでいければよいと思います。

相互TBありがとうごいました。
上手くできてほっとしたのですが、他の方のところが・・・・アレ?な感じで(汗)


管理人コメントのMさんへ

レスが遅くなってすみません。
そして、まとめレスですいません。

>美しい写真ですね。
>命が奪われることの恐ろしさが却って感じられますね。

お褒めいただきありがとうございます。
ただ、撮影者のかっしーはこの写真をあまり好きではないようです。

「紅葉がドームを包む炎みたいだ」

と言って。
美しさの中に潜む禍々しさってありますよね。
そんな感性を持っている彼のことを、密かに尊敬してみたり。

それからTB、もう10回以上は頑張ったのですが、未だに出来ず(涙)
一体何がいけないのかな?
テンプレとの相性とか?(謎)
諦めず、また頑張ってみます。
こちらから申し出たお願いなのに、ご迷惑をお掛けして申し訳ないです。

>NHKでの原爆投下後の写真を撮っていたアメリカ兵の方の番組が胸を打ちました。

俺は、原爆投下や戦争の責任は、基本的に国にあると思ってはいます。
方針や世論、というものは方向性が定まり、決定された後で、1個人がひっくり返せるものではないからです。
それなのに、国よりも個人の方がうけるダメージの方が遥かに大きく、また取り返しの付かないものもある現状をみるにつけ、やはり忘れてはならない、と思うのです。

それから、Sさんの記事のご紹介もありがとうございました。
あちらにも寄らせて頂きました。
(素晴らしい記事でした。)


管理人コメントのSさんへ

こちらこそ初めまして。
せっかくの初コメントなのに、このようにレスが遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

>コメントでの貴重なお話をありがとうございました。

いえ、こちらこそ、ありがとうございました。
今まで話した事のない事柄について語っていただけること、本当に有り難く思います。
そのきっかけになれたと仰っていただけた事も、望外の喜びです。

過去の出来事、ましてや戦争について、なんて、たとえ何らかの知識を得たとして、自分には関係ない、と、そっぽを向くことも出来ます。
今の一応『平和』な日本では、知らなくても生きていけるからです。
大多数の方は、多分そうかもしれません。

でも、何の予備知識もないまま、あたら若い命を散らして欲しくない、というのが俺の正直な気持ちです。

勿論俺自身も、万一戦争が勃発すれば否が応でも飲み込まれてしまうでしょうし、異常な状況下で、人としての尊厳も優しさも人権も何もかも失ってしまう可能性の方が高いでしょう。
そう思ったら、ただ黙ってはおられません。

原爆について語る時は、確かに被害だけではなく、加害の歴史とも切っては切り離せないと思います。
あの悪魔の兵器を投下する場所が、日本の何処でもよかったわけではないのですから。

それはそちらのコメントにも書かせていただいたのですが、武力こそ力、武力こそ世界を制する、と言う発想で突き進めば、その先には破滅しかない、と思います。
他諸外国にそんな発想を抱かせてしまった当時の軍部、そして未だにその発想から脱却できない大国の責任と罪は非常に大きく、糾弾されるべきだとも思います。

そして,そのような辛いご経験を語ってくださった(被害者としてもですが、加害者としての告白は、より苦渋に満ちたしんどいことだったと思います)元兵士の方々に感謝したいと思います。

俺達の体調につきましてご心配いただき、本当にありがとうございます。
Sさんもご家族のみなさんも、そしてお祖父様も、どうかお体大切になさってください。

追伸・旅行は、そらーもう楽しかったですよ(笑)


管理人コメントのEさんへ

レス、遅くなりましてすみませんでした。
さて、最優秀コメント賞、事のほか喜んでいただけたようで、恐縮です。

そうですね、俺は仙台好きですよ。
というか、理由はよくわかりませんが、宮城県が結構好きです(笑)
仙台だけでなく、松島とか石巻とか他にもいろいろ旅行しています。

Eさんが書かれておられたように、あちらには先日の地震の被害もその後の余震の影響もかなりあるようで、(知人やお世話になった方々やなじみのブロガーさんもいらっしゃいますし)、心配しています。

それと、山口晃さんも好きですねえ。
ていうか、山口さんのことを最初に教えてくれたのは、以前から山口さんのことをリスペクト?していたかっしーなんですけど。

>私は昨年帰省の際に、練馬で見てきました。

くそー、観に行きたかった(けど、行けなかった)美術展だ!(笑)
羨ましいです。

さて、俺達の決断についてのメッセージも、ありがとうございます。
この記事のレスが非常に遅れていて申し訳ないのですが(汗)
何となく、レスがまだ俺の中で発酵していなくて。
わかりにくい表現ですいません。

夏休みはビシバシ満喫しましたので、その分、今、もー涙がちょちょ切れる程働かせていただいていますが(笑)
下ネタ記事も頑張る所存ですww

V |  2008.08.30(土) 14:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/461-0f99ce19

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

焦土と化した地に 力強く咲いた花。 その花に毒があると知ったのはいつのことだろう。 しろい花は 魂と涙を あかい花は 流した...
2008/08/08(金) 23:42:35 | Bloom*

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。