--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.06.20 (Fri)

命の事件(1) 記念日の顛末


彼の誕生日にはどうしても外せない会議が入っていて、少し早めに帰宅・・・など出来なかった自分ですが、どうにかいつもよりは早い時間に会社を出て、彼と合流した。

本当なら、俺の手作りの飯を食うのがよかったらしいんだけど、こんな時間からは、とてもじゃないけど無理(汗)

【More・・・】


何の変哲もない(でも、ざっかけないとまではいかない←そういうメシも好きだけれども)和食系のレストランで食事をした。

飯を待ってる時間も、食いながらも、とりとめもない話をして、ゆっくり時を過ごした。

お互いの表情や何てことない笑い声に、まさに釘付け、って状況で。


・・・・・・・・・・・あのレストランで、ちょっとだけ、世界を作ってしまったかもしれないな(汗)


人、結構大勢いたけど、まあ、いいか。



「あれからもう10年がたったんだな」

ふと、会話が止まったかと思うと、静かな声で彼が言った。

「お前は全然変わらないな」

彼の優しい笑顔が俺を見つめていた。

「え? そんなことはないだろう?」

「いやいや、いつまでも若くてカッコいいよ、お前は」

急に何を言い出すんだ、と戸惑う俺。

「馬鹿言え。お前こそ、変わってないと思うけど?」

しかし、彼は俺の台詞に大きく首を振って、

「いやいや、俺は老けたよ。だって頭頂部が少しずつ厳しい感じに(汗)」

「え・・えー? 全然わかんないけどな。そんなに厳しいのか?」

「うーん、俺のじーさんが見事なツルッツル具合だったからなー」

「・・・それって、隔世遺伝なのか?」

と、その後は延々、世の男性にとって、聞き捨てならない話で異常に盛り上がって(笑)

あまり誕生日らしくない誕生日だったんだけどな(^^ゞ

まあ、たとえ禿げても腹が出たとしても、愛してるからさ。




彼へのプレゼントはこれ
ちょっと子供っぽいかも知れんけど、遊び心に富んだ彼の書斎に合うと思って。
それに、俺もだけど、彼も恐竜好きだしw
実用性よりインテリア、って感じだけどな。

彼、かなり喜んでいました!
夜中にゼンマイ巻いて、書斎机の上を歩かせてみたりとか(笑)

いい年した男2人が、一体何やってんだか^_^;



それからケーキは・・・市販のものじゃなくて、一応俺が作りました。
ていうか、某所にレシピが載っていたんで、それを利用させて貰いました。

チョコレートムース
ビターチョコレートムース。

ゼラチン等で『固める』わけじゃないので、前の日の夜に仕込んでおいて、次の日に食すのが基本だそうです。
(つまりしっかり冷やす時間が必要だと)
いやー、ハンドミキサー、大活躍でした。
K音さん、本当にありがとう!

ただ、ココアパウダーを買うのを忘れていたので、なんか映像的にアッサリなんだが(T_T)
でも、リベンジ、と言う名のリピーターになりたい程(多分なるから。笑)、超!絶品でしたww


それから後日ですが、某所での『エビマヨ小唄』(笑)が俺の耳にも焼き付いて離れなかったので(^^ゞ
作ってみましたw


エビマヨ
これです。

いやーこれがまたまた頬が落ちるくらい美味くて、もー大変でした!(爆)
H氏もありがとう!
絶対リピーターになるからねww

いずれもかっしーの

「V、また作ってくれよな!」

というお墨付き?の2品です。




誕生日当日は、彼の友人や彼の家族から、お祝いの電話がかかってきました。

俺、彼と暮らし始めた頃は、かっしーの親から誕生日のお祝いの電話が来るってのにびっくりしてさ。
俺には、自分の親からだなんて、まず考えられなかったからね。
そういう習慣の人もこの世にいるんだなーと思って驚愕したんだけど、今はもう慣れた(笑)
慣れた、ってのも妙だけどさ。
素敵だな、と思うよ。

まあ、俺の妹夫婦からもお祝いの電話がかかってきたんだけどなw
嬉しそうに電話の礼を言ったり、楽しそうに話し込んでいる彼の姿を見ると、俺も嬉しかったよ。



彼が病気で手術してから、あと半年ほどで5年が経過します。
今のところ再発もなく、本当に順調です。

それが何より、一番嬉しい。


いつまでも、こんな風に穏やかに生活していければいいな、と思っています。


スポンサーサイト
06:32  |  恋愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

昨夜は某所でのお付き合いありがとうございました。
私もログに中々ついて行けず、申し訳ありませんでした。
私も昨日仕事があり疲れていましたが気分だけ何だかハイな状態だったので
楽しませていただきました。
Vさんはかなりお疲れになっていたご様子。
早くお仕事の方が落ち着くといいですね。
お身体ご自愛ください。

トーク番組に出演していた○谷豊が
娘からいつも何故ママの味方ばかりするの?と問われた時
「君とパパは血が繋がってるので、何があっても許されるところがある、
しかしママとパパは血が繋がっているわけではないので、やはり気を遣っていかないとダメなんだよ!」と言ったという事でした。
長い間一緒にいるとついつい我儘になったり相手の素敵な部分が
見えなくなったりします。
Vさんとかっしーさんは長い間、お互いをいつも気遣い尊敬して暮らしてらっしゃるのが
お二人の会話から感じ取れます。

先日頭が薄くなった方が仰っていました。
「自分が禿げていない時は世の中結構禿げているいる奴がいるなと・・・
でも自分が禿げてきたら、世の中みんな毛がフサフサした奴ばかりだ!禿げているのは俺だけなのか」と・・・
男性にとっては気になる問題なんですね・・


どちらの写真とも美味しそうww
かっしーさんの胃袋ゲットのVさんからは、かっしーさんも尚更離れられないでしょうねww
まかろん |  2008.06.22(日) 22:31 | URL |  【編集】

まかろんさんへ

レスが非常に遅くなってしまい、すみません。

>私もログに中々ついて行けず、申し訳ありませんでした。

ていうか、↑これは俺・・!?

ってな感じの疲れモード全開な自分でしたが、お付き合いいただいて、こちらこそありがとうございました。

そうか、まかろんさん、ハイだったんだね・・・(^^ゞ

>Vさんとかっしーさんは長い間、お互いをいつも気遣い尊敬して暮らしてらっしゃるのが
>お二人の会話から感じ取れます。

血の繋がりは良くも悪くも切ったり出来ませんが、そうでない関係を切るのは意外と容易なので、だからこそ、気遣い心遣いは必要なのだろうとも思います。
まあ、いささか逆説的ですが、俺は、自分で選択できない(生まれながらにして選ぶ事の出来ない)親子・親戚関係よりも、自分の選んだ関係性を重要視しているところがあるので、あまり感心できるものでもないんですけどね。

それにしても、さすが水○豊さん、いい事仰いますね(^^ゞ
(この前発売された超久しぶりのアルバム、欲しいかも。笑)

>男性にとっては気になる問題なんですね・・

これは・・・いや、そんなに気になって気になって仕方がないほどではないのですが、年齢的なこともあるし、遺伝子のミラクル(笑)を考えたら、俺達結構切実なのかも(汗)
何故って、

2人のじーさんはどっちもいい感じ?に、ツルッと光り輝く存在だから!(おいおい)

まあ、その時は、『カッコいい、○ゲオヤジ』を目指します(爆)

ははは、どっちの料理も美味かったですよ~
これからも、『胃袋わしづかみ戦法』で頑張りますww

V |  2008.07.07(月) 00:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/446-f923ae7a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。