--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.02.17 (Fri)

君が好き 胸が痛い

二人の関係を見直してみるためにも、少しずつだけど、かっしーとの出会いから今までの事も書いてみようかと思う。

かっしーは自分より4歳年上だ。
二人が出会ったのは、自分が24、かっしーが28の時の事だった。

そして、落ちるはずのない恋に落ちた。


その当時の自分には、「自分には考えられない恋の3か条」(笑)みたいなものがあって、それは、

1.年上の人との恋
2.会社絡みの恋
3.同性との恋

の3つだった。

年上の人との恋、というのは、別に年上の人がイヤ、とかそういうのじゃなくて、自分自身の問題だ。
自分の性格から判断すると、年上の相手にはやっぱり包容力なんか期待してしまうし、自分より経験豊富なんだから、「おねーさま」に甘えたいというか(笑)
大人の魅力、みたいなものに憧れていた。
でも、そんなふうに自分が勝手に期待して、その期待が裏切られた時に、本当に勝手なんだけど、
「こんなはずじゃなかった」
みたいに、ものすごく幻滅してしまいそうな自分がイヤだったのだ。

反対に年下の相手は、もうこれ以上ないほど甘やかしてしまう。
可愛いな、と思って、どんな無理難題も「よしよし」と許してしまう。
(でも、こうやって書くと援交オヤジみたい・・)

変な気遣いなしで対等に話ができて、一緒にいるが楽でベストなのは同い年の子って感じだった。

会社絡みの恋というのはなかなか難しい。
たとえば同じ課の子とつきあったとする。
うまく行ってる時はいいけど、別れたりしたらややこしいことこの上ない。
なにしろ毎日8時間は会社に拘束されて同じところにいるんだから。
キレイな別れ方ならいいけど、そうじゃなかったら最悪。
その次に、また同じ会社の子とつきあったりしたら、さらにややこしくなるのは目に見えている。
っていうか、その程度で億劫になるような付き合いしかしてなかったってことだ。
そんな自己中な自分だった。

最後の同性との恋って言うのは、あんまり考えられないわけじゃないんだけど。
それまで異性としか付き合ってこなかったっていうだけで、自分にとって禁忌なわけじゃない。
子どもの頃から、自分がバイだって言うのはうすうす感じていたので、全くありえないってわけじゃないんだけど、その機会がほとんどなかったから考えなかっただけだ・・と思う。

でもかっしーとの恋は見事にこの3か条のど真ん中(笑)
落ちて当たり前の恋なんてないと思うけど、今までの自分ならするはずのない「ありえない恋」の見本みたいなものだ。

あの時、あの場所で彼と出会えた奇跡。
今でも信じられない気持ちになることがある。

スポンサーサイト
00:25  |  君が好き 胸が痛い  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

はじめまして

何故愛からとんできました。
出会われてから、長い月日がたっているんですね。
あの熱愛ブログを読んでいると、
本当にこちらまでハッピーになるのですが、時々、
これから、難しいことも対処しなくちゃいけなかったりするのかなあ、
なんて想像して、勝手にしんみりすることもあって。
そんな中で、こちらの、
「二人の間は、その後も長く続いててハッピーだよ~」
という例を拝見して
勝手にほのぼの嬉しくなっています。
コロン |  2006.02.17(金) 11:56 | URL |  【編集】

ご訪問ありがとうございます

智明さんのところは「灼熱愛ブログ」(笑。あれは熱愛を超えてると思う)なので、本当にすごいです。
自分のところは、暖炉の火のように「穏やかに長く」をモットーに頑張ろうかと思います。
でも長い間にはいろいろな危機みたいなこともありましたし、やっぱり倦怠期(笑)も正直ありましたね。
恋人であり続けたり、たとえ家族同士であっても、そうあり続ける努力をしないと、ダメになってしまうのかなと思います。
ましてや自分たちは書類上の関係や血の絆やでつながっているわけではないのですから・・
コロンさんの所にもお邪魔させてもらいます! またお越しください。
V |  2006.02.19(日) 22:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/37-cba4ae49

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。