--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.11.10 (Sat)

ちょっとだけ、言いたい事

ご無沙汰してしまいました。


以前予告したように、仕事がますますきつくなって来まして、半放置の状態です(泣)
まあ、いくらかずつは、メンテをしているのですが・・・

と、言いつつも、今まで考えなかった事について、最近考え始めたのは確かです。

【More・・・】
ブログと言えども、ここも社会の縮図で、バーチャルな世界ならば何をしてもいい、と言うわけはありません。
(俺だってネチケットに違反するんじゃないのか、と思う行為の一度や二度はした事があると思うし、このブログが公序良俗に反しているんじゃないか、と言われたら、一応予告しながらエロを書いてはいても、ぐう、の音も出ないんだけど)

横行する、刑法に抵触するような事、成人が自分で責任を負える(自己責任、と言う言葉は俺はあまり好きではありません)ことを前提に利用するアダルトサイト、それから、フィッシングと呼ばれる詐欺などで痛い目に遭いたくはないし、皆さんにもそうなって欲しくはありません。


そして、人をむやみに傷つける暴言・嫌がらせの類も許せません。


その事によって悩み苦しんでいる方々が実際におられて、俺と関わりのある方々が、そういう目に遭っていても、何も出来ない、無力な自分が辛い。



また、この世界も広がってくると、俺の価値観ではどうにもならない部分が多く発生していまして、
その人達と俺との意識のずれや軋轢がかなりしんどくて、ブログを書くと言う行為自体が負担に思える事もありました。

以前の、管理人コメントさんへの返信、

『今までの人生経験も価値観も違う、出会った事もない人間達がやってる事ですから、摩擦や誤解、裏切られたと感じる行為、そういうものの発生は仕方がないように思います。
その中で何を取捨選択し、この世界で尽くせる限りのベストを尽くし、自分なりの誠を貫いていくしかないんじゃないかと思っています』

と言うのは、自分に言い聞かせるように書いた言葉でした。


でも、仕方がないことだと割り切ろうとしても、そう言った筈の俺の中で、仕方がない、と簡単に片付けられる事ではなかったようです。

思った以上に消耗し、無意識のうちに疲弊していた自分に唖然としました。



だから、ブログ自体に関わっているのが辛かった。



うだうだと書きましたが、ブログ開設当初の自分とは、明らかに変質してきている部分があるのは事実です。



会うは別れの始まり、なんて言いますが、始めがあれば、終わりがくるのは道理なもので。

本当は始める前に考えておかなければならなかった事かも知れませんが、いつどうやって幕を引くのかも大切な事です。



昨日、物凄く久しぶりに、ゆずの『またあえる日まで』を聞いて、いい歌だなあ、歌詞もいいなあ、と思い、不覚にも涙が出そうになりました。

不易流行、何も変わらない、なんてなかなかないし、むしろ変わっていく事も変わらない事も同質のものなのかもしれないけれど。




自分を信じて 一歩進めば何かつかめるさ
少し夢を大きくして 君は一人じゃないから
一生に一度の宝物
さみしいけれど 泪ふいて旅立とう・・・・・・・・

またあえる日まで 流れ星に願った
飾らない心で ずっといようよ
またあえる日まで 輝く星に誓うよ
出逢えた事を忘れはしない

またあえる日まで 夢を忘れずに
変わらないままで ずっといようよ
またあえる日まで 夢を叶えよう
信じる事が 心をつなぐ

またあえる日まで・・・          (sing by ゆず)





そして、その時に決めました。

多分、この歌が記事のタイトルに出て来たら、ここは閉鎖、と言う事になると思います。










って、何の予告なんだか(汗)


・・・・・・・・・・あー、あのですね、

まだまだ、書きたい事がありますから、当分は出てこないと思います。

「あの時、あんなにしおらしい事言ってたのに、まだやってんのか!?」

なんて非難される?位、続く可能性も勿論あります。


身内にバレない限りは、いや、身バレなら何処かに移設でもして続けていこうとさえ思っていますから、我ながら凄い変化です(笑)


・・・・・・・・レスが付いていかないだろうけどな(汗)



真剣な記事なのに、最後がずっこけですんませんでした!!

そして、不愉快に感じられるところがありましたら申し訳ありません。
今の俺には、こんな風にしか語ることは出来ませんので、お許しください。





まかろんさんの返信に書いた「ポトフ(もどき)」ww
もう少し、煮込んだ方が上手い筈だ、きっと。

何だか最近、すっかりお料理ブログの雰囲気が漂っているんですけど(汗)





結構気に入ってる一枚。
(何だかわかりますか?)



行き先は内緒ですが、もうすぐ旅立てるかも??

な俺達ですww

スポンサーサイト
15:54  |  ブログ  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.11.10(土) 21:59 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.11.11(日) 12:52 |  |  【編集】

すいません、コメントレスの順番が違うのですが、こちらから先に返信させていただきます。
ご了承ください。


管理人コメント その1さんこんばんは。

こんな絡みにくい(笑)記事にコメントをいただきまして、本当にありがとうございます。
そちらのブログも、拝見させていただきました。

そうか、俺も管理人コメントさんのように書けばよかったんだ・・と、温かい語り口に心が洗われました。
俺、いつも直截的にスパッと言い過ぎるきらいがあるので・・・反省しています。
管理人コメントさんのコメに不愉快な事はありません。むしろ、俺の方こそ口が悪いんですいません(汗)

俺も、誰かに言いたいけれど言えなかった事、自分と彼との関係を見つめ直す為にこのブログを始めたんです。
性格上、身近な人にこそ言えない、と言う気持ち、痛いほどわかります。

どんなに時が移り変わっても人の心というものはそんなに変わらないもので、悩みや苦しみを克服していく手段として、ブログは新しい形式かも知れませんが、それを操る人の心は昔のままなんだろうなと思います。
ただ広く多くの人に公開され、たくさんの助言、励ましが貰える利点の裏返しとして、中傷誹謗といったような、マイナスの力も届く諸刃の剣になってしまいました。

たった一つの過ち・・・過ちを取り返すのは、失った信頼を取り返すのは容易な事ではなく、マイナスから0の地点に持っていくだけでも、大きなエネルギーと膨大な時間を必要とします。
どんなに誠意を尽くしても元には戻らないものもありますし、乗り越えられるのかどうかわからないものもあります。
それでも、と足掻く力を、交流があるみなさんのブログや、ここをご訪問下さる方々からいただけるような気がして、今まで頑張ってこられたのだと思います。

俺の方こそ、これからもお付き合いが出来る事を願っています。
ありがとうございました。

ゆず、『夏色』も好きなんすけど、この歌もかなり好きなんですよ。
街角で一緒に歌おう、と誘われていた友人も好きみたいで、以前友人同士の宴会で歌う事になった時には、ヤツ、マジでマイギター背負ってやって来ましたからね(笑)
「このギターを身につけていたら安心できる」って。
山崎まさ○しじゃねーっての!(爆)


管理人コメント その2さんこんばんは。

こちらでは初めまして。
というか、俺も密かに?そちらに寄らせていただいていましたが、コメント残さずにロムってばかりですいませんでした。
そして、そちらの記事にこそ胸を打たれたばかりでした(のにコメント残さずにすいません・・・)

俺は、記事を読んでいただくとわかると思いますが、短気ですし、根性無しだし、全然器用じゃないし、ブログも正直ここまで長く続けられるとは思っていませんでした。
そんな未熟な俺の事を、ブログを通して知り合った方々に励ましていただいたり、助けて貰ったり、お付き合いのあるブロガーさんの記事で情報収集したり、癒されたり、変な言い方かもしれませんが、随分と可愛がって貰いました(笑)
ブログって、なんて凄いんだ、と、いい事尽くめのようにも感じていた時期もありました。

でも、書いたとおり、ここも社会の縮図で、やっているうちに当然いろいろなしがらみや摩擦も出てきます。
それらに整理をつける為にこの記事を書きました。
ストレートな感想や同意をいただけて、非常に嬉しく思っています。
ありがとうございました。

またご訪問ください。
俺も近いうちに、そちらに「コメントデビュー」させていただきます(笑)

追伸の追伸ww

>むしろ哲学です!

おお! 名言登場!!(笑)
心強いお言葉、感じ入りました(深々と礼)
これで躊躇なく・・って、今まであったんかい!?と突っ込まれそうですが(汗)
V |  2007.11.11(日) 18:37 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.11.11(日) 19:49 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.11.11(日) 21:56 |  |  【編集】

真面目な鍵コメ様のコメントの後で、大変申し訳ありませんが・・・
名前が出ていましたので、一言。
昔友人がフランスの田舎を巡る旅行から帰ってきた後
向こうで食べたポトフを作ってくれたことがありました。
Vさんのように繊細な感じではなく、ジャガイモ、ニンジン玉ネギなどがゴロゴロした感じでしたが・・
ポトフって素朴で美味しいですよね。
ってVさんのは愛情入りなので、さぞかし美味しいでしょう!
私もこの写真に触発されて、コッコバン(coq au vin 雄鶏の赤ワイン煮込み)もどきを作ってみました。
赤ワインを1本半入れたので、美味しくなければ困るな~(^▽^;)
鶏はお腹を出した丸ごと1羽分を冷凍していたので・・
明日食べるためなので、私も明日にもまた煮込みます。

これって新幹線ですか?
この所、新幹線にも乗らない生活なものですから・・(>_<)
700系とかいうものでしょうか?
それともあの監督さんのようにリ○アモーターカー?
まかろん |  2007.11.11(日) 22:18 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.11.11(日) 23:26 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.11.12(月) 02:20 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.11.12(月) 03:13 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.11.12(月) 09:09 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.11.12(月) 22:31 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.11.13(火) 01:40 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.11.14(水) 14:30 |  |  【編集】

すいません、放置状態で(大汗)

みなさん、超力作のコメントを残してくださってありがとうございます。
何度も何度も繰り返し読ませていただき、そのたびに感激も新たになると言う感じでした。

レスですが、何分にも管理人コメントさんが多い関係上、文中時は「KC(←『管理人コメント』の略ってことで)その1」さん、と言う具合に書かせていただきたいと思います。
ご了承ください。


管理人コメントその3さんへ

非常に遅いレスで申し訳ありません。
と言うより、顔向けできない遅さと言うか(汗)

ご心配されていた件、やはり暫くはいろいろと大変だと思いますが、俺達が出来るのは見守るだけなのかな、って思います。

傍にはいるけれど、何も手出しせず、ただ見つめているだけ。

でもそれが、気持ち的には一番難しくて辛い事だと思いますが・・・

それから、そちらが心配しておられることは、俺は迷惑とは全く思っておりませんので、またいつでもお越しください。
コメントありがとうございました。


管理人コメントその4さんへ

>ブログというモノを「逃げ場」とは思ってないのです。

そうですね、ブログは俺にとっても『逃げ場』ではありません。
俺はむしろ、その時の心模様を写し、精神が澄み切るまでゆっくりと澱を沈め、
たとえ時間がかかっても、支柱の定まらない自分を立て直していく為のツールのように感じています。
己をゆっくりと振り返り、解放してやる事で、また頑張ろうという気持ちも生まれてきますから。
その場所には、KCその4さんの仰るとおり、かっしーが待っていてくれると思います。
KCその4さんを待っている方も、きっといらっしゃる筈です!

「ゆず」の曲、いいですよね!ww

久しぶりに俺もアルバムを聞き直しましたよ。


まかろんさんへ

思わずご指名をしてしまいましたww

ポトフ、俺も彼も大好きです!
それも野菜が大きいままでゴロゴロしてるタイプが好きなのですが、この時は煮込み時間が少なかったので、具材を小さめに切ってみました。
決して繊細ってわけではないんです。
勿論、愛情スパイスは致死量投入して(書きながら照れたw)
コッコバン、さぞ美味かったでしょうね~
鶏1羽分丸ごとなんてすごく豪快、でもすごく美味そうです(あ、よだれが・・・)
是非、うちでも作ってくださいww

そう、これは700系ですよ。
最近の新幹線って流線型、というより、本当にカモノハシの嘴みたいで、あまりビジュアルが気に入ってなかったのですが、この写真のは割合好きですね。


管理人コメントその5さんへ

そうですね、仰るとおり、現実社会もネット社会も、実は表裏一体で、人間も本当に様々です。
勿論、一見そうは見えなくても、実は厳然たるルールの下に成り立っているという事も含めて、相似を描いている存在のように思われます。

俺も、最初の頃は自分のブログを見る人がいるなんて信じられなかったし、かなり乱暴に書き散らしたりした事もあったのですが、今はここを、誰かの為、と言うより、自分の為に丁寧に穏やかに作り上げていきたいと思っています。

義務でもなんでもないからこそ、他者を傷つけたり、追い込んだりする悪しき物として一人歩きしてしまわないように気をつけなくてはならない。
管理責任も感じています。
そして、ブログを通じていただける温かい言葉や励ましは、いや、たとえ厳しい指摘であったとしても、俺にとっては、ここに様々な生き様を描き、綴っていく大きな原動力であり、モチベーションを引き上げてくれるものです。
いつもありがとうございます。

はは、短気は損気、ってわかっていても、俺も短気なのでww

そうですね、お互い『いつか気が済むまで』頑張りましょう!

年末に予定していた旅行ですが、うーん、かなり雲行きが怪しくなってきました(ヤバい)


管理人コメントその6さんへ

初めまして。いらっしゃいませ。
初コメが管理人コメントでもノープロブレム、大歓迎ですよww

さて、俺は想像力って大切だと思うんです。
ネットの世界って匿名性があって、どんな相手だかわからない、とは言っても、
ネット自体を扱っているのは紛れもない人間だし、ちゃんと心があって、痛い事を言われたり、嫌な事をされたりすると、ひどく傷つきます。
相手が見えないからこそ、普段の何倍も何十倍も想像力を増幅させ、敏感にならなくてはならない事も多い筈です。

俺にとっては、こちらに書き込んで下さるコメントもそうで、こんなにも真っ正直に曝け出された多くの心を扱うのであれば、よほどの注意力と集中力を持って慎重にしないと失礼な気がして、つい、

・・・って、これ別に、コメレスが遅れている言い訳じゃないですから(汗)

KCその6さんが書かれているように、失敗を恐れるのではなく、繰り返し同じ過ちを犯すことを恐れる、恥じる、そんな気持ちが肝要なのだと思います。

そして俺の事をご心配くださってありがとうございます。
ブログも関わりが増えれば増えるだけ、上手く行かない事が出てくるとは思いますが、
たとえ傷ついても、傷つけられても、その次に待っているものの為に、俺はきっとまたここに帰ってくるんだろうな、と思います。

ブログで繋がった関係がとても愛しい、と、書かれているKCその6さんが、穏やかな感情で満たされ、心地良く過ごす事が出来ますように。

急がずに。焦らずに。
温かで優しい言葉を綴っていける至上の楽しみに、お互い、暫し身を委ねて。

「またあえる日まで」って、いい言葉ですよね。
これが「またあう日まで」となると、ちょっとわからない人も出てくると思うんですけど。
(わからなかったらスルーで。涙目)


管理人コメントその7さんへ

はい、コメレスは結構です、と書かれているコメントにレスをつけるのが趣味?のVです(笑)

予想いただいた通り、レスを書いてしまいましたw
冗談はともかくとして、コメントありがとうございます(感謝)

そして、

>操作を間違えて、長時間かけてうんうん唸りながら書いたコメが消えてしまいました(愕然)

この、操作ミスでコメント消滅・・・には涙を禁じえません(涙)
痛いほど良くわかります、この気持ち・・・↑

そうですね、俺にとって居心地が悪くなれば、きっとそれが態度に出て(文章に出て)くると思うんです。
そうなると、無理して存続することはしないし、出来ないでしょうね。

>だって、ここで出会った人たちとは、違う場所で繋がり続けることもできるんですから。

凄くポジティブでいい意見だなあ、と思ったのでこのまま掲載させていただきます(*^_^*)
いやはや、目からウロコ体験でしたw
本当にそうですよね。
全てが無になるわけじゃないんですから。

お、ポトフ、癒されましたか?
思わず、「おかわり!」な感じで、素敵に美味かったですよww


管理人コメントその8さんへ

いつもこちらの記事を丁寧に読んでくださって、ありがとうございます。
俺も自分の言葉だけでは伝わらないかもしれない、そんな言葉の危うさとじれったさを感じながら記事を書いたことが何度もあります。

みなさん、ご自分がネット上ではなかなか自分の伝えたい想いをそのまま伝えることができない、と、 極めてご謙遜なさっておられるようですが、コメント欄に綴られた言葉達は何よりも雄弁で、まさに痒い所に手が届くように、俺の言いたい事を代弁してくださっているようです。

>ブログで書かれている事柄は、その方の(管理人さんの)ごく一部なのだから
>そして、一人ひとりの方が、現実の生活…生きる道を大切に進まれているんだってこと
>だから、そのことに心からの敬意を持って、一つ一つの記事と向かい合わせていただくこと

素直でシンプルな言葉に、思わず頷いてしまいます。

俺達は、俺達の生活、一社会人として毎日の生活を送りながら、申し訳ないくらい本当に少しずつ、日々の出来事や心持をブログで語っています。
決して夢見るような美しい話や心躍る魅惑の旅、そんなものだけで構成されたわけでもないこのブログの事を、『信じられる ほっとできる場所』、だと言ってくださるKCその8さんに感謝の念で一杯です。
本当にありがとうございます。

ただ、レスが鬼のように遅くて、ご迷惑をお掛けしているとは思うのですが(汗)

はい、無理をしないように、頑張っていきたいと思います。

そちらも、体調を崩される事のないように、お気をつけ下さい!


管理人コメントその9さんへ

今年は、俺のブログで良くコメントして下さる多くの方がブログをスタートされた年でした。

俺としても、いろいろな方々のブログをご訪問するのが楽しみで、しかしコメントは中々出来ない、時にはtouch&goみたいな日(すいません、読み逃げ、ってヤツです。汗)もある、というエライ状態でしたが、しかし同時に、(KCその9さんが仰られたように)いくつものブロガーさんとの別れを体験した年でもありました。

>納得できる別れもあれば 突然すぎて、心が追いつかない別れもありました。

始める際に、『何時辞めるのか』、ということを考えてから、という方は、もしかしたら少数派なのかも知れません。
俺も、自分の引き際がいつになるか、どんな形になるか、考えてみても今はまだわかりませんが、見苦しくなく、潔く在りたいと頭では思っていても、実際は、甚だ見苦しく、いい年をして駄々コネなどをしてしまうかもしれません(笑)

さて。

リアル社会がそうであるように、ネットのマナーや価値観も、それこそ星の数で。

直接会ったこともなく、もしかしたら一生会わないかも知れない相手との、言葉(言語。スカイプとかなら、またもう少し違うんでしょうが)だけでの交流。

こんな風に文字にしてみると、簡単に分かり合えなくても無理は無いような気もしますし、
また、自分の意思を飛び越えて、無軌道に暴走していくイメージも有しているような気もします。
言葉が怖い、と仰る気持ちもよくわかります。

楽しさとその翳の部分は表裏一体のものであり、メビウスの輪のように捩れて繋がり、ふと気づけば、思いもよらない場所に立っているかもしれない。
そんな、悪夢のような現実だって、危険だって、まれに、ではなく、身近にあります。
充分な注意は必要かとも思います。

そして、こちらを読んでいただき、解決とまではいかなくても、何かを得られるきっかけの1つになれた事を、非常に喜ばしく思っております。

と、言いつつも、皆さん、本当はそれぞれの心の中に、きちんと目盛りの刻まれた定規が存在しておられるんだろうな、と思うんです。
何故なら、全ての方が、素晴らしい言葉、表現、想いを散りばめられたコメントを寄せて下さり、温かい多くの示唆を俺に与えて下さっているからです。
管理人コメントが公開でないことが、本当に残念でたまらないくらいです。

こちらこそ、コメントをいただき、本当に感謝いたしております。

今後とも、よろしくお願いいたします。


管理人コメントその10さんへ

稚拙な文章を何度も読み直していただき、恐縮です。
ネットの世界も、やはり社会の縮図なんですよね。
いつまでも、ただ単純に楽しい嬉しいばかりではいられない。
仲良くなったが故の葛藤や摩擦、苦しみだってあります。
勿論、人間関係を深めていく喜びも捨てがたいのですが、その喜びと苦しみは常に拮抗しています。
これも現実社会と同じだと思います。

ブログ開始時期の初々しい自分が、俺も懐かしい気がするんですけど(遠い目)、 これからも手探りながら、そして同じ進むのなら、少しでもプラスの方向に前進して行けるように頑張りたいと思っています。

ネチケットについては、俺もまだまだ勉強中です。
こちらこそ、何か失礼がありましたら、是非声を掛けてやってください。

ブログはそれを書いている管理人さんのものではありますが、もはやそこだけでは収まらない、『読者』に無限の可能性すら感じさせるような素晴らしいものが多くあります。
その維持管理の責任もありますから大変でしょうが、是非可能な限り続けてもらいと思っているのが、いろいろなブログの1ファンとして正直なところです。
そして、たとえ終わりがやって来る日があったとしても、新しい始まりの為の終わりであったなら、と思い、この記事を書きました。

>しんどいと思う時・辛いと思う時は、どうぞ無理しないで下さいね。
>ご自分を護ることもまた、大切な事だと思います。

ありがとうございます。
自分自身を護れないのに、他人は護れませんもんね。
心して読ませていただきました。


管理人コメントその11さんへ

さまざまな方面から広がるネットの世界での、覆面であるからこその弊害・・・

悲しい事ですが、それは厳然として存在しています。
目と目を見つめ合える距離で話していても、届かない事もあるのに、活字と言う媒体を通す事でしか話せないこの世界で、言葉が少し足りなかったり、表現が拙かったりしたばかりに、誤解を生み、曲解される事も少なくありません。

全くもってもどかしく、まどろっこしいのですが、それでも繋いでいきたいと思う絆ならば、地道ですが一つ一つ丁寧に、誠意を持って考えていくしかないのでしょうね。

ご自分の事を振り返って見る事のできるKCその11さんならば、それは難しい事ではないと思います。

はい、俺も、『来るべきその時』が、出来るだけ遠い未来に、そして幸福な形での『終末』であって欲しい、と思っていますから。
何しろ、まだ書きたいことは一杯ありますし・・・(ははは)


V |  2007.12.29(土) 03:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/364-72f5526a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。