--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.08.15 (Wed)

責任の日Ⅱ

家庭菜園をやっている友人から、新鮮な野菜を貰った。
勿論、無農薬。

【More・・・】
とれたての野菜の旨味が消えないうちに、早速、料理してみる。

corn.jpg
丸茹で。

「甘くて美味い!」

かっしー大絶賛。
(俺も激しく同意)

夏野菜を使ってパスタを作る。
キノコとベーコンのブロックを切って加え、たっぷりの辛子明太子で味付け。

pasta.jpg
ピリッとして、野菜の滋味が溢れていて、絶妙。

「美味くて止まらない! サイコー」

かっしー、再び大絶賛。
(俺も激しく同意しながら、鼻高々。笑)


自然の恩恵を分け与えてくれた、友人に感謝。

美味しいものを腹一杯に食って、好きな人と笑い合える、そんな幸福に感謝。



今の、この幸せを作り上げてくれた、先人達にも感謝を捧げつつ。


こんな幸せが当たり前でない時代が、再びやって来ないことを祈り、


やって来させないことを、誓いつつ。
スポンサーサイト
12:00  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

Comment

美味しそうなお料理ですね。
いつも言ってますがこんな料理上手なお嫁さんが欲しいです(≧∇≦)


今朝から何度も聞く言葉、今の幸せが先人達のお陰だという言葉。
アメリカでのゴールデンタイムにあったという「ヒロシマナガサキ」のドキュメンタリーを見たアメリカの人たちのびっくりした様子、自分を撃ち落とした特攻の人に会いに行ったアメリカ軍人の様子の番組を見ながら、
先人達に感謝をするとともに、これ以上戦争を起こさないと誓う人々が増えることを祈りたい気持ちでいっぱいです。
もちろん私自身も強く誓って。
まかろん |  2007.08.15(水) 12:49 | URL |  【編集】

Vさん、本当にお料理上手なんですねぇ。
私も精進せねば、と思います。f(^^;

先日、お墓参りの際に少し思い出したのは、そこに眠っている祖父母がいて、今の私がいる。
そんな身近な幸せでした。
(祖父は戦争の時に負った傷が元で、若くして亡くなったものですから)

小さな幸せが積もって、戦争なんてものが早く根絶するよう、願ってやみません。
桃香 |  2007.08.15(水) 20:28 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.08.15(水) 22:39 |  |  【編集】

Vさん、こんばんは。
毎日熱いですね!・・・あ、暑いの間違いでした。
(どっちも当たってるか?)

相変わらず料理がうまそうです!パスタ!!!
もろこしの丸茹でも、うまそう!
僕も先日、会社の人からもらったんですよ。
「味来(みらい)」っていうんですが、ご存知でしょうか?
ものすごく甘くてうまかったです!!
自然の恵みってすばらしいですよね。
僕自身も先日田舎へ旅行へ行き、道端の野菜売りで
茄子やいんげんなど採れたて野菜を買いこんできました!

そんな幸せはあたりまえではないんだって、そう思いますね。
樹 |  2007.08.16(木) 00:06 | URL |  【編集】

またしてもご無沙汰しております。
一応ちょこちょこと、しっかり拝見させていただいてはいたんですよ?(笑)

まずはかっしーさんの検査の結果、本当によかったですね!!(本当に今さらですが:汗)
とはいえ、こう暑いとどうしても食欲も体力も落ちるので気をつけ(させ)ないと!

なんて言うまでもなく愛情料理ですかw
美味しそう♪ 


去年もそうでしたが、いつもVさんの記事に感銘を受けます。
Vさんの撮った何枚かの写真を見るだけで、あの日、自分自身で感じた広島を、
戦争を思い出し、涙します。
戦争映画を観れば泣く。というタイプの人ではないので、これはやはり、
Vさんの人柄と真摯さが私に伝わったからでしょう。
そして、泣いてるだけでは意味がないと考えるのです。

ごめんなさい。時間を置いても上手く書けないようです。
ただ、これからは経験者ではない私たちが、この過去を風化させず、
次の世代に伝えねばならないと思います。真摯に。
それは想像するよりも難しいことですが。
桜井 |  2007.08.16(木) 14:20 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.08.16(木) 23:58 |  |  【編集】

◆まかろんさんへ

レス、超遅れまして、申し訳ありません!

料理をお褒めいただき、ありがとうございます。
自分で言うのもなんですが、とびきり美味く出来ましたww

>こんな料理上手なお嫁さんが欲しいです(≧∇≦)

お、スカウトですか?(笑)
まかろんさんこそ、料理上手そうなのにww

>アメリカでのゴールデンタイムにあったという・・・

この番組、俺も見ましたよ。

これが戦争の実態であり、自国の利己的な欲と、想像力の欠如から始まり、教育の成果(この表現はいかがかと思うのですが、敢えて書きます)によって拡大されていったのだと思います。
戦う相手が、自分と同じ血の通った人間だと思っていたら、普通、まともな神経では殺し合いなんて出来ないですからね。

>これ以上戦争を起こさないと誓う人々が増えること

俺としては、命を投げ出してくれた先人達にたいして、これが一番に報いる行為だと思うし、捧げられる最高の感謝だと思うのです。


◆桃香さんへ

レス、超遅れまして、申し訳ありません!

料理、お褒めいただき、ありがとうございます。
桃ちゃんも料理が得意そうなイメージがあるのですが・・
是非精進して、お勧め料理を写真つきでアップしてくださいww

>先日、お墓参りの際に少し思い出したのは、
>そこに眠っている祖父母がいて、今の私がいる。
>そんな身近な幸せでした。

脈々と連なる肉親が、祖先がいなければ自分はいなかったですし、どんな形であれ、この世に生を受けられた事は、幸いだったと自分自身も思っています。
しかし、あの時代の、多分俺より若いか、俺と同じくらいの年齢の彼等が、もっと穏やかに青春を謳歌できたなら。
いつ命を失うかと脅え、もしくはそれが運命だと、日々覚悟を決めながら過ごす、そんな「戦争」の日々ではなく、家族や友人達と離れ離れになる事無く、もっと晴れ晴れと過ごす自由と時間を与えられたのであれば、どんなに良かったかと思います。

桃香さんのおじい様のご冥福をお祈りいたします。

>小さな幸せが積もって、戦争なんてものが早く根絶するよう、願ってやみません。

本当にそう思います。


◆管理人コメントその1さんへ

いや、3連発でも、4連発でも決めてやって下さい(笑)

とうもろこしもパスタも美味かったです!
4コマ漫画、俺、結構好きなんで(笑)、楽しんでいただけたのなら嬉しいですね。

うん、人間だけではなくて、動物達も戦争の犠牲になったんですよね。
しかも、否応無く、人間の身勝手に巻き込まれて。
物言わぬ彼等がどれだけ苦しんだかは、推測しか出来ないのですが・・・
椋鳩十さんの本(児童図書ですが)などにも書かれているように、身近な家族同然の生き物達との生活を壊したのが戦争で、そんな小さな命さえ守れない戦争が正しい筈もありません。

先の戦争で失われた全ての魂に、哀悼の意を表し、非戦の決意を。


◆樹さんへ

レス、超遅れまして、申し訳ありません!

最近は、そちらも少しは涼しくなったのかな?
まさに酷暑と言う言葉がピッタリの夏でしたね。
うちのマンション(のうちの部屋も)は、まだまだ違った意味で熱いです(笑)

>相変わらず料理がうまそうです!パスタ!!!

はい、美味かったですよ!

もろこしは、皮付きのまま宅配便で送って貰ったんだけど、とにかく瑞々しくて。
「味来(みらい)」って、収穫したばかりだったら生でも食べられるというやつですよね。
もしかしてこれもそうなのかな?
聞いてないけど、本当に甘くて美味かったです。

ところで樹さん、田舎へ行かれたんですか?
これは前に書かれていた、土佐旅行ですか?
(あ、お勧めの宿の記事も書いてないし・・汗)

>道端の野菜売りで茄子やいんげんなど採れたて野菜を買いこんできました!

これ、わかるなあ。
ついつい買ってしまうんだよね。
だって本当に美味そうなんだから。

>そんな幸せはあたりまえではないんだって、そう思いますね。

先日、映画「硫黄島からの手紙」を観たんだけど、俺達が当たり前だと思っていることがどれ程当たり前じゃないか、
そして、当たり前じゃないと思っている事が、さも当たり前のように描かれている事に、衝撃を受けました。

ほんの小さな出来事に(誰かの歌みたいですがw)、胸が締め付けられるように嬉しく、大きな喜びを感じる時があります。
俺が年食ったせいかも知れんのだけどね(笑)


◆まなさんへ

レス、超遅れまして、申し訳ありません!

こちらこそ、激しく(笑)ご無沙汰しております。
何だ、生きてたのか~とか言われても仕方が無いくらい(汗)

>かっしーさんの検査の結果、本当によかったですね!!

ありがとうございます。そちらも、あっちゃんの調子はいかがですか?
お互い、パートナーの体調管理には気をつけましょう!(笑)

最近はどうしても彼の方が通勤に時間が掛かってしまうだけに、料理はこっちが作ることが多くなってしまいました。
俺も彼の愛情料理を食べたいんですが(笑)
と言いつつ、彼に喜んで貰えるとなると、張り切ってみたり。
彼は本当に褒め上手だから、何だか踊らされてるなあ、と思うこともあるんですけどねw

>そして、泣いてるだけでは意味がないと考えるのです。
>ただ、これからは経験者ではない私たちが、この過去を風化させず、
>次の世代に伝えねばならないと思います。真摯に。
>それは想像するよりも難しいことですが。

本当にその通りだと思います。
今年の夏は、マスコミでも、戦争を「伝えていく事」「風化させない事」、がメインの報道が多かったように思います。
戦争を美化するのではなく、内包する悲惨さや憎悪、など、負の遺産も余す所無く伝えていく事。
それが大事なのだと思います。


◆管理人コメントその2さんへ

レス、超遅れまして、申し訳ありません!

>その現実の悲惨さを伝えるのに戦勝国も敗戦国もありません。

俺も、今回管理人コメントさんの書かれた内容については、本当に考えさせられました。
光ですか・・・
この事について、俺達はもっと学ぶべきだと思います。
いつまで言い続けるんだと心無い人間は言いますが、どれだけ言い続けてもいい事だと思います。
戦争の罪に時効はありませんから。
一度戦争が勃発してしまうと、立場の違う多くの人々が犠牲となるし、大抵それは弱者であり、声を上げることが中々出来ない人達です。
だからそれが始まらないように、止める努力を怠ってはならない。
故に、それを止められる立場の議員が、戦争や原爆を安易に肯定するような発言をしてはいけないと思っています。

犠牲となった方たちの安らかな眠りと平和への感謝を祈り、次代へその教わった事を確実に伝えていく。
本当に大切なことです。

>『一人殺せば殺人犯、千人殺すと英雄』

これは物凄い皮肉ですよね。
でもこれって、戦争というものの本質を表す、ある意味最も「適切な」表現でないのかと思うのです。
戦争は、大手を振って人を殺せる悪魔の所業です。
そこには「命の尊さ」なんて存在しない。
「大切な誰かを守る為」であろう筈もない。

普段の生活が平安である喜びと、その平安が有難い(あるのが難しい)事だと感謝する事を忘れ、驕り高ぶった時に、歴史は繰り返すと、肝に銘じないといけない。
そう自戒しています。

>パスタ美味しそう

へへ、そうですか?
愛情料理で彼の胃袋をがっしりつかんで頑張りたいと思います(笑)
V |  2007.09.02(日) 07:18 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/327-8c4a4fa0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。