--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.07.29 (Sun)

サイド・ストーリー③Calm before the storm

3回目です。

相変わらず、暗くて重い話ですが、よろしければ続きをどうぞ。



【More・・・】


「お前の思うようにしたらええと思う」

この言葉を聞くのは、実は3回目でした。

高校進学を機に、実家から出たいと父に伝えた時も、本当は進学せずに就職しようかと思っていた(とにかく早く自立したかったから)けれど、オヤジのつぶやきを聞いて、やっぱり大学へ行くからと伝えた時も、父はそう応えた。

「思うようにすればいい」と言っても、その言葉には2通りの意味があって、
自分がやりたいように、自由にしなさい、という肯定的な意味合いと、
お前の人生までは預かり知らぬことだから、勝手にしなさい、みたいな否定的な意味。

人生の分岐点では、いつもこんな風な返事で、普段から父に関心を持たれていなかった俺は、何だか突き放されているような気分にもなったものでした。
家族に相談することなく、自分で判断して道を選択する、多分、当時の同世代の友人達より、そんな必要は多かったと思います。

しかし、今回の父の言葉には、少なくとも今までの「思うように」とは、明らかに含みの違う意味を持っていたように感じられて。

父が、ぽつぽつと話し始める。

切れ切れに語る父の言葉を拾い集め、並べかえてみると、

「お兄ちゃん、今、恋人と一緒に暮らしていて、ずっとあっちに居るみたいよ」

妹からそう聞いて、父はこちらにこっそり様子を見にきたようでした。
スポンサーサイト
00:00  |  もう一つの過去話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/310-2fa7c259

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。