--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.07.29 (Sun)

サイド・ストーリー①Introduction

先日、コメント欄に掲載した過去話のサイドストーリーを抜粋しました。
あれから時間も経過しましたし、少しずつですが気持ちの整理も出来たのでまとめていきたいと思います。

一応、①~⑤まであります。

それでは、どうぞお付き合い下さい。

【More・・・】




実は、この正月に帰省した時、父に、かっしーと今一緒に住んでいる事、彼と今後もずっと一緒にいる事をカミングアウトしました。


俺は、田舎(一応地方都市ですが)の長男として生まれました。
若い方や都会の方には余りわからないかもしれないけれど、田舎の長男、と言ったら、その家の跡取りです。
何分にも保守的な土地柄ですし、昔はその重圧は今以上にありましたから、母はともかく、父や祖父母は、当然、俺が家庭を持ち、いずれは故郷に帰って跡を継ぐ、そういう道を歩むものだと認識していた筈です。


そんな親達に、全く違う価値観を持った子供が、思ってもみないことをカミングアウトするわけです。
他のブログさんでも書いておられますが、告白したらそれで終わり、ではありません。
苦しみの伝播、というか、自分1人が抱えていた悩みに、家族を否応無しに巻き込んでしまう。
いっそ知らないほうが良かった、とか、これは夢じゃないのか、とか、誰かにそそのかされたんじゃないのか、とか、否定的に捉えられてしまう事の方が多いと思います。
世間体を気にする俺の父親世代の人間なら、なおのこと、悩みは深い筈です。


ましてや、父は高齢ですし、高血圧も患っていますし、告白した内容に予想外に激昂して、予期せぬ事態に陥ってしまう事を、自分の事以上に心配していました。                (続く)
スポンサーサイト
00:00  |  もう一つの過去話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/308-1b468ce8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。