--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.07.22 (Sun)

愚かな夜 不埒な朝

お久しぶりです。

中越沖地震、時間が経過すればする程、大変な状況が増してきていますね。
これ以上、甚大な被害が広がらないように、祈るばかりです。
被害を受けられた方々の生活やご健康が、即刻元通り、とまではいかなくても、出来る限り早く取り戻せるように、ご協力できればと思っております。



さて。

先日来、ここを放置していてすいませんでした。

一応帰っては来ていたのですが、実は仕事でかなり大きなトラブルが発生して、あまり詳しくは書けませんが、最近はその対応にずっと追われていました。
それが心身ともに結構きつくて参ってしまい、体調も微妙に不良でした。
今はかなり回復しましたが、記事を書くことはおろか、コメントレスも出来ず、メンテくらいがせいぜい、といった始末でした。


たくさんのコメント、及びブログ拍手、ありがとうございます。
みなさんの、温かい言葉に癒され、励まされて、またこれからも書き綴っていけたらという気持ちになりました。
ボチボチ、と言うより、少々ヨロヨロ気味ですが(情けない・・)、宜しくお願いいたします。


【More・・・】
結局、喧嘩したあの夜は、2人とも何となくぎこちなくて、それでも疲れは取っておかないといけないから、傍にいるのに背中を向けて、無理矢理眠ったのだが。


あまり深い眠りにも入れないまま、訪れる朝。


俺が目を覚ますと、彼の顔がすぐ目の前にあって、瞼を開いたと同時くらいに、いきなりキスしてきた。

そのまま、キスは長く続いて。

逃げる事も身を反らす事も出来ず、かと言って、息をすることも出来ないくらい、情熱的で、官能的なキス。
何より、まだちゃんと覚醒していないから、抵抗すら出来ず、そう言い訳しつつも、激しい波に呑まれて行って、気がつけばどうしようもないくらいの興奮状態に(汗)

それは、仕掛けてきた彼も同じ様子で、10分近くはそんな風に、お互いの唇を、まさに貪り合った。
そうしながらも、エレクトした股間を押し付けあったり(これが、彼はいつもの通り真っ裸だし、俺の服の生地は当然薄いし、お互いの形状までわかって、もう、えもいわれぬ状態w)、時々は服の上から尻を揉まれたり、体を撫でられたりしながら、しかし唇は決して離れないまま。


噛み付くような、と表現した方がいい程、強引なキスの果てに、もうこれ以上続けたら、互いの伸びた髭で擦れた唇がはれ上がりそうだ(色気の無い感性・・汗)、と思う頃、ようやく解放され、キスは終わった。


荒々しく息を弾ませ、口の端から零れる、融和した唾液を拳で拭き取る俺に、

「俺がどれだけお前の事を好きか、思い知ったか?」

そう言う彼も息を乱している。

息を乱したまま、今度は、ベッドから体を起こした俺の手首を強く掴んで、傍に引き寄せて、抱き締める。

「お前は馬鹿だ」

筋金入りのな、と耳元で囁いて、でも好きだから、って、ますます強く抱き締められて。



2人を照らす眩しい朝の光の中で。


俺は、改めて己の愚かさを知った。

スポンサーサイト

テーマ : 男同士の恋愛 - ジャンル : 恋愛

04:47  |  恋愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

Comment

>「俺がどれだけお前の事を好きか、思い知ったか?」
状況がわかってホッとしました。
かっしーさんはVさんの事本当に思ってらっしゃるんですね。
私は今度は嬉し泣き(T∇T)
お仕事もお忙しくて精神的なゆとりが持てないと悪い方に物事考えがちですよね。
お2人とも少しゆっくりできるといいですね(*^-^*)
私も○ロルチョコ載せましたので、お暇な時にご訪問ください。


まかろん |  2007.07.22(日) 16:13 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.07.22(日) 20:36 |  |  【編集】

はぁぁ…(羨望のため息です)。
そこでVさんの気持ちをきっちり読んでくれるかっしーさんは、
ほんとにすごいヒトですヨ。
いろいろ、コメントしたいことはあるんですけど、
つまり、かっしーさんは、すごいってことなんです(≧▽≦)
コロン |  2007.07.22(日) 22:08 | URL |  【編集】

相変わらずの亀レス、すいません。


◆まかろんさんへ

いつもコメント、ありがとうございます。
まかろんさんに状況をわかっていただけたようで、こちらも安心しました。
おまけに嬉し泣きまで・・・
ありがとうございます。

>かっしーさんはVさんの事本当に思ってらっしゃるんですね。

メンタルな部分なのに、フィジカルな行為で癒されて、解消されてしまうなんて、我ながら単純なモンだな、と(笑)
言われてみれば、確かに今、精神的に余裕がない事も、不安定な理由の一つかもしれませんね。
ゆっくり休養したいと思います。

>私も○ロルチョコ載せましたので

はい、早速イカせて・・いや、行かせていただきました(笑)
そして、予想外に凄いチョコに、

「ふっ、負けたな・・・」

なんて呟いてしまいましたww
そして、まかろんさんのルーツが、想像通り?「マカロン」だったと知って、何となく満足した俺でしたww


◆管理人コメントさんへ

嫉妬することは愚かではなく、愛情の裏返しだと言ってくださった管理人コメントさん、本当にありがとうございました。

いつも彼に救われる俺ですが、いつかは彼を守る事、俺を選んでくれた事を後悔させないようにする事、それが最終的な目標になりつつあります。
そう思うようになったのは、彼の性格、というかなんと言うか。
どうしてあんなに天真爛漫なんでしょうね、オッサンなのに(汗)
彼には絶対に勝てません・・・←惚気?


◆コロンさんへ

>はぁぁ…(羨望のため息です)。

悩ましい溜め息をありがとうございます(笑)

そう、本当に凄い男なんですよ。へへ。
こんなにややこしくて面倒な俺に愛想を尽かさずにいてくれるだけで、神様みたいなのに(苦笑)

>いろいろ、コメントしたいことはあるんですけど

今、嬉しくてにやけているので、どうぞお好きなだけ、といいたい気持ちなのですが
↑調子に乗りすぎ
何だかこんな風に書いたら、

「どれだけ彼に骨抜きなんだ?」

と訊かれそうなのでこの辺りで(笑)
V |  2007.07.30(月) 01:20 | URL |  【編集】

すいません、ここで、相当溜まってしまいました拍手コメントのお返事をさせてください。
いつも通り、お名前は入れさせていただきます。ご了承下さい。
本当に遅くなり、申し訳ありませんでした。


◆お、ましゃーん

チロル、一気食いですか?(笑)
薬指の魔法・・・乙女ですね(ニヤリ)
ホンマに「ばかっぷる上等!」です (押忍)
ありがとう。


◆お名前無しの○○さんへ

かっしーを可愛い、といっていただき、本当にありがとうございます。
はい、体だけは大事にして頑張りたいと思います。

またお越し下さい。


◆cyarakoさんへ

>「猫として、許せないなあ」

爆笑Thanksですww
俺も激しく同意です。
でも、とにかく可愛いから全部許します!(爆)


◆のはらさんへ

初コメント、ありがとうございます。
ワンセグ携帯、確かに重いですけど、あまり軽かったら、存在感がなくて、すぐ無くしてしまいそうな感じがして怖いんですよね。
以前使っていたものも、かなり重い機種だったので、重さはあまり気にしませんよ。
・・って、結局、俺も未だに買い換えてないわけなんですが(笑)

またお越し下さい。


◆craneさんへ

緑の魔物ですか。
凄いトリビアですね(尊敬)
ご心配をお掛けしました。無事浮上できました。
ありがとうございました。


◆凛子 さんへ

そうですね、嫉妬とは違うけど、限りなく嫉妬に近くて、それより大きな感情のように思えたんだ。
それは・・・喪失感と似ていたような。
何故だかぽっかりと胸に穴がいたような気持ち。
頑強だと思っていた足元が崩れ落ちたかのような、拠り所のない感情に翻弄されて、言葉にもできなかった。
今回も、俺は同じ場所に立ちすくんでいただけで、最終的に、歩み寄ろうとしてくれたのは彼だから、
かっしーとの感覚のズレは、時には物凄い恐怖を感じるよ。
自分が知らない内に、取り返しのつかないことをしているのじゃないかと思って、途方も無く怖くなることがる。
でも、そんな面倒な俺でも理解しようとしてくれる彼に、いつも感謝しています。
(あれ? これも惚気?)


◆まかろんさんへ

すいません、ご心配をおかけしました。
どうにか気持ちは落ち着きました。
正直、まかろんさんの仰った通りにしようかとも思ったのですが、どうしても俺自身、そんな気持ちにはなれなくて。
でも、俺の微妙な心境をわかってくださってありがとうございました。

それから、使い方は間違っていませんでしたよ。大丈夫です。


◆お名前のない△△さんへ

うわ、物凄くシンパシー感じていただいてますね!
それに、なんだか俺以上に彼の事を、彼以上に俺の事をわかって下さっているって感じです。
ありがとうございます。

そうですよね、やましい事があれば携帯を俺に預ける筈はないですよね。

>積み重ねてきた時間と信頼感と。
>Vさんの気持ちは彼に全部渡してみていいのではないかと。

逆風も決して平坦ではない泥だらけの道も、俺達の絆をより深めてくれるものかも知れません。
こうして幸せの色も深みを増していくのかも・・・なんて、思います。
幸せを祈ってくださってありがとう。
俺も△△さんの、お幸せを祈っています。


◆お名前のない○○さんへ

>あっ今度こそ生Vさんだ^^)

そうです、俺です。
俺、参上!←って、何のパクリだよ(汗)
違和感、消えましたか?
納得していただけて、嬉しいのですが、プロフに写真が乗っかっているのは、ちょっと恥ずかしいです。
期間限定ですいません。

そうですね、人を不快にすることは出来れば書きたくないんですけど、
せっかく書くのなら、俺が最も書きたい事を書くのが一番なのかな、と思います。

>一人で悩まないで!
>少しでもここで吐き出していって!

凄く心強いですね。ありがとうございます。
人柄は、ちょっと悪いかもしれませんが(笑)、俺を癒してくれる場でもあるここを、そして皆さんを、大切にしていきたいと思います。


◆再度 ましゃーんへ

ただいま。
お城に帰ってきましたよ。
一緒に凹んでくれてありがとう(感謝)
そう、1人で疑心暗鬼になってしまったんだと思う。
でもさ、彼の言葉に何の曇りもないのはともかく、「腕を広げているのはVさんに向かってだけ」、ってのは・・・(汗)
もう10年目が来るって言うのにさ、恋人にそんな風に接していけるなんて、滅多にそんな男おらんがな、って正直思うよ。
でもいるんだよな、ここに・・・
って、これ、惚気でした!!←すいません

もう、すっかり元気です、困るくらい(苦笑)

いろいろと綴りたい事はありますので、時間が許す限り、書いていきたいと思います。
見失わないように、しっかりついて来いよ!  
って、変に強気な発言ですいませんでした。


◆お名前のない□□さんへ

喧嘩するの、俺、嫌いじゃないんですよね。
本音をしっかり出し合って相手に近付くには、話をしっかりして、それで大喧嘩になって罵り合う事もあるかもしれないけれど、分かり合うためにはそれが必要なときもあります。
肉を切らせて骨を断つ、というか。

>笑ったり悩んだり怒ったり喜んだりしながらふたりの絆は結ばれていくのだと思います。
>それが家族なのだと。

見守っていただけて、本当に嬉しいです。
彼のよき「家族」(いい響きですww)であり続けるために、努力を惜しまず、続けていくつもりです。
ありがとうございました。


◆再度 cyarakoさんへ

おかげ様で、心はかなり軽くなりました。
cyarakoさんにも覚えがあるんですよね?
こんな切ない気持ちを、彼以外の誰に告げればいいのだろう、と迷い続ける、
それはたった1晩の事でしたが、気持ちの上ではもっと長かったような気がします。
何事も当たり前でない奇跡を、噛み締めながら今後も頑張ります。
ありがとうございました。
V |  2007.07.30(月) 02:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/307-8b4c665b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。