--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.12.29 (Fri)

パートナー

毒のような人間は確かにいる。

高みから他人を見下ろして、普通の人間なら、眉をひそめるような毒を吐く。
それを浴び続けたら、とてもまともな神経ではいられないような。

そして毒気で周囲を窒息状態にしておきながら、その事を他から指摘されると、全てを丸投げしようとするヤツ。

おいおい、その毒を今ここで吐くか?


今日はほぼ1日、そんな人間の相手をして疲れた。
心底疲れた。

いっそ正面切って喧嘩売れる(もしくは買える)のなら楽なんだが、そうもいかない相手。

カレンダー通りの休みだから、それでもまだ後少しは踏張らないといけない。

そんなこんなで、ささくれだった精神状態を引きずって帰宅した。

情けないし、みっともない。


「嫌なヤツっているよな」

既に帰宅して、ベッドでうつらうつらしていたかっしーに、話すともなく話しかける。

彼は半分眠ったような、半分起きているような様子だったが、おかえり、と言った後、

「うん、いるいる」

穏やかな声で、そう相槌を打った。

「でもね、人の振り見て我が振り直せ、だよ」

「うん?」

思わぬことを言い出す彼の傍に、並んで横になる。

そんな俺の頭を、身体を起こして優しく撫でながら、かっしーは微笑んだ。

「だって、こっちも気が付かないうちに、人が不快になるような何かをやってるかもしれないだろ?

そういう事を振り返ってみるいい機会だよ。

批判だけで終わるんなら、自分の成長もないもんな」

「・・・そうか・・・そうかもな・・・」


何故だろう、痺れるようにグラグラしていた頭の芯が落ち着いていく。

燻った怒りや螺旋のような疲労感が鎮まっていく。


発想の転換。
物は考えよう、というか。


自分のパートナーが、どれだけいい男なのかを、改めて気付かされた年の瀬。

俺は幸せ者です。
スポンサーサイト

テーマ : 同性愛・両性愛 - ジャンル : 恋愛

01:22  |  恋愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/208-50770988

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。