--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.11.19 (Sun)

放置の訳は

実はこの一週間、考えるところがあって、ブログ放置気味でした。

リアルの話で。

つい先日、会社の送別会があって行ってきたんだけど、その会の主賓の彼女に告白された。

彼女は、同じ会社の友人Cの部下で、俺より8歳年下の子。



【More・・・】
彼女とは、勿論部署は違っていたけど、週に2、3回はこっちに電話やメールが来たり、会社のどこかで出会って話をしたりしていた。

「このシステムの詳細を教えてください」

とか、

「○○についてもっと効率的ないい方法はないですか?」

とか、ちゃんと核心をついた質問をしてくるし、仕事熱心な子だな、って、俺の中では結構好感度が高かったんだ。


でも、彼女の周囲には、20代の若いピチピチの(笑)イケメン君もたくさんいたんだよな。
よりによってこんなオッサンに、なんて、ホント見る目がないよ。


「主任さん(Cの事)から、Vさんには恋人がいるって聞いていたけど、どうしても伝えたかったから」

困らせてごめんなさい、と言いながら、伏せた彼女の瞳が少しずつ潤んでくる。

「Vさんは忙しいのに迷惑だったかもしれないけど、いろいろ教えて貰ったり、アドバイスして貰ったり・・
貴方の声を聞くのが楽しみでした・・」


・・正直、ちょっとグラッと来た。

いじらしくて、抱き締めそうになった。
(してないけど)

本当はここで、ちゅーの1つでもすればいいんだろうけど。
(しつこいようだが、してないから。汗)


聞けば彼女は一人娘で、年をとった親の面倒を看る為、そして稼業を継ぐ為に、都会での生活も仕事も辞めて、故郷に帰るのだという。
向こうに帰ったら、多分、お見合いして、地元の人と結婚すると思う、って言っていた。

たとえ親であっても、自分以外の人間の為に生き方を変える、というのは大変な事だ。
それを彼女は誰に強制されたわけでもなく、実行した。
きっと、物凄い葛藤があったと思うが、自然に寛容に自分の境遇を受け入れた。

彼女はしなやかで潔く強い。

そんな風に彼女を育てた親御さんも、愛情深い素晴らしい人なんだろうと思う。


「いい子だっただけじゃなくて、一を聞いて十を知るというか。
有能で優秀な部下だったよ」
 
次の日に、Cから聞いた話。

「惜しいスタッフだったんだが、仕方がない。事情があるんだしな」

一緒に昼飯に入った喫茶店で、タバコの煙を吐きながら、彼が残念そうに言う。

彼の一言で、昨夜の、涙でくしゃくしゃになった彼女の顔を思い出した。


元気で、いい人を見つけて幸せになって欲しい、そう祈った。

スポンサーサイト
01:42  |  恋愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

素敵な女性だ・・・・・。

ご本人には否応なしの選択だったのかもしれませんが、
こういう女性が、地元で、例えば自営業で頑張るっていうの、
社会的意味が大きいように思います。
組織の中でキャリアを積んでいく姿っていうのも素敵ですけどね。

ほんとに、(Vさんぐらい?(笑))良い方にめぐり合えるといいですね。
コロン |  2006.11.19(日) 14:49 | URL |  【編集】

いい子ですね。
自分以外の誰かの為に生きる。
その選択を20代の若さで決めた彼女の
強さには、読んでいて驚かされます。
会ったこともないですが、
彼女が本当に幸せになれるといいなと思います。
ur |  2006.11.19(日) 23:32 | URL |  【編集】

レス、いつも遅くてすいません。

親の介護や跡継ぎ関連の話は、俺も無関心ではいられない話です。
自分もそんな立場にあるわけなので・・


コロン姐さんへ

俺より年は下ですが、本当に素敵な大人の女性だと思います。
組織の中で流されずに泳いでいくのも大変ですが、彼女じゃないと出来ない役割を務める為に去っていった彼女にエールを送りたいと思います。
彼女と話をしていても(否応無しの選択かも知れなかったのですが)、誰かの「犠牲」、というような悲壮な感じがないのが何より良かったな、と。
地元に帰っても、彼女なら、日常の生活に、喜びや楽しみを多く見出して暮らしていけるんじゃないか、と思いました。

>ほんとに、(Vさんぐらい?(笑))良い方にめぐり合えるといいですね。

いやいや、俺は結構腹黒いので(笑)ダメダメw
でも彼女なら、きっと彼女に相応しい良い男性に巡り逢えると思いますよ。


urさんへ

掛け値なしのいい子ですw

幸せって何だっけ?みたいなCMが昔ありましたよね。
(かなり古いっすが・・)
それぞれの人間が別々に生まれてきて、生きる道も価値観も違う。
彼女が選択した道に幸せが多くあるように、遠くからですが、俺も祈りたいと思います。
所謂会社での「付き合い」でしたが、彼女との思い出は、忘れられない出来事になりそうです。
V |  2006.11.23(木) 04:24 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/187-34791298

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。