--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.10.08 (Sun)

だって、涙が出ちゃう・・

オッサンでもな(急に素に返る)
っていうか、キモイです、自分でも。
すいません・・


実は今日、友人Cのお子ちゃまの運動会でした。
楽しかったですよー、久々×5の運動会。
いい天気だったし。
応援合戦とか、自分の時は、
「3・3・7拍子~」
みたいな感じで、硬派にやっていたと思うのだが、今はゴリエの「Pecori」などを可愛く踊る少女達・・w
ジェネレーションギャップって言葉は、きっと俺の為にあるんだろうな(笑)と言う感じでした。

「たらこダンス」を含め、詳細はまた記事を書きます。


ところで、↑何で涙が出たのか、と言うと。
運動会に行く為に、日本GPをやむなく予約録画して(すまん勇平、リアルタイムじゃなかった)、帰って来てから即行見たのだが・・
見たのだが・・  見た・・

バタッ!

失神しました。頭の中では(汗)

よりによってCM明けに、最悪の結果が!

2レース1エンジン制になって、これが2レース目だったとは言え、エンジンから白煙なんて、今までのフェラーリでは「ありえない」事。

まさに魔の瞬間。

シューマッハ・・悲劇の帝王になってしまった・・(涙)


アロンソが1回目のピットストップで、マッサの前に出た時に、ちょっとだけ嫌な予感はしたんだが。
シューマッハにチームメイトのバックアップがあれば鬼に金棒だと思っていたからね。
でも、マッサはアロンソの前に出る事はできなかった。
これもアロンソの「実力」が引き寄せた運、なのか?

結局、エンジンブローの原因が何だったのかが、カギになってくると思うが、チームにとって深刻な状況でない事を祈りたい。

これでシューマッハの優勝はほぼ無理、そしてコンストラクターズポイントの方も難しくなったようだが、ブラジルGPでも、彼らしい素晴らしいラストランを見せて欲しい。

考えてみれば、シューマッハの憧れの人だったセナの、そしてチームメイトのマッサの故郷でもあるブラジルで、彼がレーサーとしての幕を引く、と言うのは妙縁なのかも知れない。


それにしてもSUPER AGURI・・2カーフィニッシュおめでとう!

やっぱり、レースは完走してナンボですよ。
悲しいけど、そう思った今日の日本GPでした。
スポンサーサイト
23:59  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

そうなんすよ!!

>勇平が泣く時は、ハンカチ用意してやるから、青いヤツ(笑)
↑これ読んで思ったんですけど、そういや俺「ゆうちゃん」じゃん!
皆さーん、これから俺のこと、「ゆうちゃん」て呼んでもいいっすよ?w(笑)


・・・話戻りますが、よりによってCM明け!
○ジテレビ、喧嘩売ってんのか? CM切れよ!(無茶)

いえ、兄貴の言うとおり、インタビューぶっちぎられたのが「ざけんなー!!(怒)」という感じだったので思わず・・・。
つか、コースの○ジテレビのマーク、ウゼぇ(--;

その後のネットニュースで、シューマッハが『「相手のリタイアを期待してまで優勝を望みたいとは思わない」という敗北宣言とも取れる発言を~』みたいなことが書いてあって、マージーかーよー!!!みたいな(;;
リアルタイムで映像で見たかったよ・・・・。

マッサがアロンソの前に出られなかったのは、絶対にBMザウバー(だっけ?)のせいですよね。
邪魔だよ!(八つ当たり)
しかし、本戦のときのルノーのパフォーマンスでは、マッサが前に出れたとしても抑えきれるかはわかんなかったか・・・・。
とりあえずもう優勝とかいいから、ブラジルにむけてしっかり調整して欲しいです。
頑張れ、フェラーリ!(特にワークス!!)
勇平 |  2006.10.11(水) 01:14 | URL |  【編集】

王子!

いや、「ゆうちゃん」か(笑)

レス、遅くなりました。すいません。

今回のアロンソの走行、全盛期のシューマッハを思わせる勢いだったね。
ラップタイムもどんどん縮まっていってたし、あのまま完走できていたとしても、シューマッハがウィナーになれたかどうかはわからない位の走りだったと思う。
それでも、リタイアよりは全然マシだっただろうけど。

彼は6年間乗り続けて1回も裏切られた事がなかったフェラーリのマシンに、今回初めて裏切られたらしい。
ワークスには、次回、本当に頑張って貰いたいです。

>『「相手のリタイアを期待してまで優勝を望みたいとは思わない」

どこかの独占インタビューでの発言だったみたいだけど・・
ブラジルGPで、万一マッサ・シューマッハ・アロンソの3人が勝利を争う事になったら、フェラーリ陣営はどういう判断をするのかな、とか考えてみた。
大体故郷では祖国のドライバーに花を持たせることが多いんだよね。
F1も所詮ショービズの世界なので、興行的に考えたら、今回引退する「シューマッハの優勝」も儲かるだろうけど、今後を担っていくマッサの優勝も結構望んでいたりして。
で、もしかしたら、そんな思惑を知っているシューマッハは、そうなっても(優勝しなくても)構わないから、という気持ちをああいう形(発言)でアピールしたんじゃないかと、勝手に俺は思っている。
まあ、日本GPでの「負い目」があるから、多分そうはならないだろうと思うけど。
でも、自身の優勝よりもチームの発展を考えたら、
「去って行く者が次の世代の者を押し上げる」、
という構図は、さほど不思議でもないとも思う。

勿論、アロンソがリタイア、シューマッハが優勝、って可能性も、限りなく低いけどあるわけだから、それにも期待したいです。

F1公式インタビューはキャンセルしたらドライバーが罰金を取られてしまう位の価値あるものなので、最後まできっちり放映して欲しかったなー、と思います。うん。
V |  2006.10.14(土) 13:52 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/169-440627d3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。