--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.09.20 (Wed)

得難き友

Cは、ほぼ入社時期が同じで(と言っても、途中でいろいろあったので、実際同じ会社になったのは数年後からだったが)、かつては同じ部署にも勤めていた長い付き合いの友人だ。

現在は2人とも別々の部署で働いているが、かっしーと同居するようになる前には、多分、最も共有する時間の長かった友人の一人だ。

彼の有能な仕事振りは社内でも評価が高く、たくさんのスタッフからの信頼を受けている。

彼はまるで、イソップの童話「北風と太陽」に出てくる太陽の様な人間で、彼の人徳だと思うが、いつも穏やかで、何事かが起こっても決して声を荒げる事無く、見事に部下を統括している。

それなのに(?)酒を飲んで、ある一線を越えると恐ろしく陽気に変貌するところも(笑)、実に人間臭くていい。

尊敬している友人だ。


彼は仲間内でも割と早くに結婚した方で、可愛い奥さんと小学生の娘さん、幼稚園に入ったばかりの息子さんがいる。

俺達くらいの年になると、周囲は仲良くやっている夫婦ばかりじゃなくて、仮面夫婦みたいなヤツもいるし、既に離婚してしまった友人もいるし、離婚して更に再婚までしているヤツもいる。
(凄いバイタリティだ)
悲しい事だが、既に伴侶を亡くしてしまった友人もいる。

結婚当時のまま、未だにラブラブってのは、確立として低い、と言う事になるかもしれない。

そんな中で、彼の家庭生活は極めて順風満帆というか、いつまでもチャーミーグリーンな夫婦(笑)で、触れても火傷するって程じゃないが、彼の性格にも似た、穏やかな愛情を育んで幸せに暮らしている。


俺の親は、当時多かった見合い結婚で、愛なんかあるんだかないんだかわからないような、というより、子供の目から見ると、ほぼ無い方に針が傾いていた2人を見ていると、結婚に何の夢も期待も持てなかったが、そんな自分でも、彼の話を聞いたり、彼の築いた家庭の姿を見ていると(実は家族ぐるみの長い付き合いだ)、こういう人生もいいかもな、と、ないものねだりだが、思わず憧れてしまう。

「V、まだ結婚しないのか?」

以前は彼にそう尋ねられる事が多かったが、最近は例のリングを披露した成果か(笑)、

「お前の彼女、見てみたいな。今度会わせてくれよ」

と言われるようになった。


彼にはカミングアウトしてしまいたい。

と言う気持ちと、それを思いとどまる気持ちの両方が、俺の中で揺れている。
ブログの友達には言えても(しかも良心的に受け止めて貰っている)、リアルの友達に言えない事もある。

でもいつか、Cに紹介できればいい。
彼が最愛のパートナーだと。
スポンサーサイト

テーマ : 同性愛・両性愛 - ジャンル : 恋愛

01:45  |  恋愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/160-b7935552

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。