--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.06.05 (Mon)

カミングアウトについての考察(2)

さて、先日の出来事。

新人歓迎会の2次会の席で、隣に座った同僚女性と意外にも熱く語り合ってしまった。

彼女は自分より少し年上で、細やかな気遣いのできる大人の女性だ。

どことなく尾○亜美さんに似ているので、便宜上、亜美さんと呼ぶ。
【More・・・】

「実はね、この間、凄い人見たの」

チューハイの入ったグラスを両手で持って、軽く回しながら亜美さんが言った。
周囲を見ると、数人のグループに分かれて座っていて、それぞれで話が盛り上がっている。

「どんな人?」

自分もビールから日本酒→ワインに入ったところで、結構いい気持ちで尋ねる。
(チャンポンしても大して酔わないし)

俺の質問に、彼女は何かを思い出すようにしながら、少し遠くを見た後に答えた。

「それがね、ヒラヒラのスカートはいて、高いピンヒールのパンプスも履いてるんだけど、顔と言い、体格と言い、思いっきり男の人なわけよ」

「・・へー、そうなんだ」

内心、幾分動揺しながらも平静を保って返事をする自分。
そんな自分に気付く事無く、話を続ける亜美さん。

「その人がスーパーで買い物して、支払いを済ませようとしたの。
そうしたら、レジのオバサン、もうビックリしちゃって、目が点になって固まってたわ。
でも、その人がレジを通り過ぎて、いなくなった途端、
 『なにアレ? 気持ち悪い!』
 って言ってたのよ」

「・・へー・・」

もしかして、辛い話になる・・?(汗)


「ああ言うの、性同一性障害・・とか言うんでしょ?
体は男性だけど、自分は女性だと思ってて、そういう格好している人の事」

「どうかな? 単に女装趣味の人かも知れないし。
でも、そういう(体は男でも、心は女だっていう)自覚があって、敢えてそうしてる人もいるだろうしね」

俺の返事を聞いて、彼女は小さくて短いタメ息をついた。

「そうよねー。女の人は男の格好してもおかしくないけど、男性は女の人の格好したら目立っちゃうから、いろいろ言われて大変よねー」

目立つというか・・

正直大変でしょう、それは。

おまけに今回は、お買い物客溢れる時間帯のスーパーだし。

っていうか、よほど似合わない限り(悲しい事だけど)普通は笑いか嫌悪の対象だろうと思う。


それからの2人の会話は、

「必要なのか必要でないのかわからないような大荷物を持って街を練り歩く名物オジサン」
や、
「相当なご高齢にもかかわらず、PINK HOUSE系のフリフリの服を着て闊歩している名物オバサン」
の噂話になったり、
「着ているコートの前を開いて中を見せる(中は全裸だ)悪質な痴漢」
の話になったりもした。

何しろ酔っ払い同士だから、話がどこにどう転がっていくか、お釈迦様でもわからない(笑)


やがて、彼女は暫く黙った後で、こちらを真っ直ぐに見つめて話し出した。

「でもね、あたし思うわけ。痴漢は絶対に許せないけど、他の人たちは、別に誰かに迷惑掛けてるわけじゃないでしょ?
 ただ、男の人が女の人の格好するのが好きだったり、本当にそうなりたいと思ってやった事だったり、奇抜な格好するのが好きなだけで。
 だったらそんな生き方もありなんじゃない? って思うわけよ」


長くなってしまったので続きます。

でも続きの方がもっと長いかもしれない・・(笑)
スポンサーサイト
23:55  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shaguma.blog45.fc2.com/tb.php/102-1cae37b9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。