--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.12.31 (Sun)

決意

いよいよ、新しい年がやってくる。


この1年、どうにか無事に過ごせた事に感謝を。

たくさんの人達との出会いにも感謝を。

スポンサーサイト
00:40  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.12.29 (Fri)

パートナー

毒のような人間は確かにいる。

高みから他人を見下ろして、普通の人間なら、眉をひそめるような毒を吐く。
それを浴び続けたら、とてもまともな神経ではいられないような。

そして毒気で周囲を窒息状態にしておきながら、その事を他から指摘されると、全てを丸投げしようとするヤツ。

おいおい、その毒を今ここで吐くか?


今日はほぼ1日、そんな人間の相手をして疲れた。
心底疲れた。

いっそ正面切って喧嘩売れる(もしくは買える)のなら楽なんだが、そうもいかない相手。

カレンダー通りの休みだから、それでもまだ後少しは踏張らないといけない。

そんなこんなで、ささくれだった精神状態を引きずって帰宅した。

情けないし、みっともない。


「嫌なヤツっているよな」

既に帰宅して、ベッドでうつらうつらしていたかっしーに、話すともなく話しかける。

彼は半分眠ったような、半分起きているような様子だったが、おかえり、と言った後、

「うん、いるいる」

穏やかな声で、そう相槌を打った。

「でもね、人の振り見て我が振り直せ、だよ」

「うん?」

思わぬことを言い出す彼の傍に、並んで横になる。

そんな俺の頭を、身体を起こして優しく撫でながら、かっしーは微笑んだ。

「だって、こっちも気が付かないうちに、人が不快になるような何かをやってるかもしれないだろ?

そういう事を振り返ってみるいい機会だよ。

批判だけで終わるんなら、自分の成長もないもんな」

「・・・そうか・・・そうかもな・・・」


何故だろう、痺れるようにグラグラしていた頭の芯が落ち着いていく。

燻った怒りや螺旋のような疲労感が鎮まっていく。


発想の転換。
物は考えよう、というか。


自分のパートナーが、どれだけいい男なのかを、改めて気付かされた年の瀬。

俺は幸せ者です。

テーマ : 同性愛・両性愛 - ジャンル : 恋愛

01:22  |  恋愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.12.28 (Thu)

こんな時になんですが(その2)

只今バトン祭り第2弾開催中。

これも相当時間が経ってる・・
危うく忘れそうだったブツです(汗)
Hikaruさん、すいませんでした!

では、
「ア○ロ行きまーす!」(違うって)

【強制バトン】 の掟

■あなたはどっち?
■見たら絶対にやりましょうw
■理由も書いてねw
■書き終わったら一つ書き足してw

だそうです。


■陸上or水泳

A.どっちも好きですね。
 敢えて言うなら水泳かな。
 実は学生時代、大会にも出た事があります。
 今、実生活には何の役にも立たないけれど(笑)バタフライも出来る。

■好きな人or親友

A. 好きな人かつ親友。
  orじゃなくてand。
  いや、こんな答えでは、誰も納得できない事は百も承知ですが(汗)

■嘘or真実

A. 真実。
  傷つかない為に嘘を選ぶより、真実を知って傷つくのなら本望。
  何か、演歌の歌詞の様だが(何故だ?)

■夏or冬

A. 夏。寒いのは苦手です。

■TOKIOorSMAP

A. ちょっと前までは断然TOKIOだと思っていたが、やっぱりSMAPで。
 あれだけ長い間、アイドルの最先端を走っているタフさと戦略には、驚嘆せざるをえない。
 KinKi Kidsも嫌いじゃないけどね(笑)

■お茶or水

A. 熱い時には水、寒い時にはお茶。
  コウモリですw 

■次長課長orタカアンドトシ

A.会話形式でお答えします。

 V 「お前、タカトシと次長課長とどっちが好き?」
 K(かっしー)
   「うーん、難しいな。
   タカトシは型にハマった面白さがあるし、次長課長は違う味があって捨てがたいし。
   それよりV、お前の好きなタカトシ、今夜TVに出るぞ」
 V「え? タカトシが好きなのはお前じゃないか」
 K「いや、それはお前だろ? 
   だってこの間からタカトシ情報(TV出演情報)が、どんどん出てきたじゃないか」
 V「だから!
   それはお前がタカトシ好きだって言うから、チェックしただけで(アドバイスも貰ったし)」
 K「いやいや、絶対俺よりお前の方がタカトシ好きだって! 
   だって、俺、タカトシより志村けんの方が好きだし」
 V「はああああ!?」


 って、バトンの答えじゃなくて漫才になってきた(笑)
 いいですよ、俺がタカトシ好きってことで。←ヤケ
 でも最近、博多華丸・大吉もいいな、と・・

■桜塚やっくんor犬井ヒロシ

A. どっちもあまり・・
  「やっくんはなー、(会場の女の子達の)仕込みが多いからなー」
  と、かっしーは言いますが。
  かと言って、犬井ヒロシがいいかというと、これまた微妙な・・

■トッポorポッキー

A. ポッキー。理由は言えません。
  ヒントはガンダム(笑)

■脱出ゲームor推理ゲーム

A. 推理ゲーム。
  っていうか、脱出ゲームって何? 

■スカートorズボン

A. これはズボンが妥当かと。
  夏は蒸れるので(強制スルーで)スカートもいいな・・と思うが、はきませんから。

■亀梨和也or赤西仁

A. 赤西仁。以前ドラマの「anego」でちょっとハマった。
  でも、正直オダジョーの方がいいと思うんだけど(←違うだろ)

■甘党or辛党

A. 辛党。基本、甘いのは勘弁してください。

■家or学校

A. 学校?って会社の事?
  家が最高です。
  帰宅拒否症候群には絶対ならない自信あり。

■体育祭or文化祭

A. どっちも捨てがたいが。
  体育祭かな?
 
■カップアイスorコーンアイス

A. コーンアイス。コーンのカリカリした歯ごたえが好きだから。

■犬or猫

A. 猫。でも柴なら犬の勝ち(笑)

■ニンテンドーDSorPSP

A. ニンテンドーDS。
  Liteが欲しくて、 この間店に行ったら完売状態だった。
 (サンタさんの大量発生時期と重なった為らしい)
 ネットで買おうかな。

■携帯orパソコン

A. パソコン。
最近、少し調子が悪いが、そろそろ買換え時期なのかもしれない。 

■愛or金

A. 愛。
 愛の無い金は浅ましいから。
  でも俺(多分みんなかな)、金はあるに越した事はないと思う。
  金に「汚い」イメージがあるのは、単に使う人間と使い方の問題だし。

■子供or大人

A. 大人。
  正直辛い事も多いけれど、今子供に戻りたいとは思わない。

■ツンデレorデレツン

A. ツンデレ。
 でも最近、「デレデレ」になりつつある恋人も好ましいな・・と。
 (また惚気時間ですよ)

■太陽or月

A.月。
 穏やかな気持ちになれる。

■洋菓子or和菓子

A. どっちも厳しいが、うーん、和菓子かな。
  それからあんこは、こしあん派。
  (聞かれてない)

■和食or洋食

A. 和食。次に中華。で、洋食。
(これも聞かれてないし)

■漫画or小説

A. 小説。
  でも活字好きなので、本じゃなくても読むのは好きです。
  取説もねw(変?)

■朝or夜

A.夜。
 理由ねえ・・言わなくても雰囲気でご理解ください(笑)

■魚or肉

A. 魚。
  肉も好きだけど、せっかく魚の食べ方も伝授いただいたわけだしw

■ルックスor性格

A. 性格。
  ルックスもよければ言う事ないが、多分あまり気にしないだろうと思う。

■少女漫画or少年漫画

A. 少年漫画。でも青年漫画でいい。
 今、ハマりつつある漫画は「もやしもん」。

■銃or刀

A. 刀。丹念に研がれた日本刀は本当に美しいと思う。

●32.メールor手紙

A. 手紙。アナログもいいですよね。

●33.同人誌or商業誌

A. 同人誌。
  知人に俳句とかやってる方がいて、その仲間が作った俳句の同人誌を最近いただきました。
  素人の方が作られたあんな雑誌も趣があっていいですね。
  感化されて俺も一句詠んでみた。←すぐ調子に乗るヤツですw

  寒空に  浮かぶ笑顔の  暖かさ
 
  お粗末さまでした・・

●男と女、友情ありorなし

A. 友情・・・あるかな。
  だって、ここにあるからね、Hikaruさん!

●行くなら山奥の知る人ぞ知る秘湯or海外の有名リゾート地

A. これは言わずもがなですね、俺の場合は(笑)
  雪見酒希望で。


思ったより長くて、ちょっと息切れが・・

でも、バトン持ったまま、年越しはちょっとな、と思ったので、思い切ってやってみました。
よろしければ、お持ち帰りください。

Hikaruさん、面白いバトンをありがとうございました。
02:42  |  バトン  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.12.28 (Thu)

こんな時になんですが

もういくつ寝るとお正月・・
と言う歌が聞こえてきそうな今日この頃。

やり残したことは無いだろうか・・
そう思って周りを見渡してみると、ありました。

Hikaruさんからの愛情バトン。
いや、正式な名称ではないのだが。
いまだかつて、こんなに温めたバトンがあっただろうか?
(既にミイラ化・・汗)

しかも3人に回せと言われても難しい。
って言うか無理。
せめて2人にさせていただきたい。
おまけに誰にも回す気がないとしか思えない人を指名してみたりw
掟破りと呼んでくれ。
(掟ポ○シェじゃないよw)

では、どうぞ。

【名前不明バトン】 の掟

■バトンを回す時は自分がスキだと答えた人に必ず回すべし。
■バトンを回してきた人もスキな人の3人2人のうちに入れるべし。
■年齢を知っていても知らなくても必ず言うべし。
■素直に答えよ。


■あなたのスキな人の名前を3人2人述べよ。

Hikaruさん:台湾の乙女。乙女イド(オトメイド)。
         考えてみれば、結構いろいろ名付け親w
         今は仕事に萌える・・いや、燃えるビジネスウーマンになりつつある。

かっしーさん:自慢の恋人です。 ←さらっと

■最初に出会った時の気持ちを述べよ

Hikaruさん:台湾から日本に留学して勉強してるなんて凄いな。
        Kinki KIdsが好きなのか・・

かっしーさん:話しやすい人だなあ。
        (恐ろしい程、色気皆無w)

ちなみに、かっしーは俺と初めて会った時、
「運命の出会いかもしれない」
みたいな事を思ったそうで(おっと)、
そこには氷水と熱湯くらいの物凄い温度差というか、深くて暗い万里の河があったり・・

■年齢を予測せよ

Hikaruさん:18歳。乙女だし。

かっしーさん:年齢不詳・・なーんてね。38。オッサンです。

■その人と出かけるなら何をするかイメージせよ

Hikaruさん:台湾の屋台食べ歩き。
        いい所だと思いますよ、台湾は。
        俺は好きですね。
        (今回の地震は大丈夫だったのだろうか・・)

かっしーさん:何でもいい。なんなら出かけなくてもいい。
        (こらこら)

■その人の家庭をイメージせよ

Hikaruさん:これは・・将来家庭を作ったら、と言う仮定で(ダジャレじゃなくて)
        温かそうな家族。しっかり者の嫁さん(Hikruさん)がいる、穏やかな感じ。

かっしーさん:家庭・・イメージ・・
        リアルです(笑)

■その人の裏の人格をイメージせよ

Hikaruさん:裏?
        うーん、いつも明るくて元気で一生懸命だけど、実は涙もろくて寂しがり屋・・かな。

かっしーさん:裏がない。いや、マジでわかりやすいから。
      
■その人からイメージするものを3つ述べよ

Hikaruさん:乙女+可憐+一途。

かっしーさん:光+熱+愛。
        (「熱愛」ではないw)

ところでHikaruさん、俺はやっぱり姫抱っこされる立場なのかな?
(と唐突に質問をw)

■その人に伝えたい事をイメージせよ

Hikaruさん:Hikaruさんと知り合えて、本当に有意義な1年でした。
        来年もよろしくお願いします。

かっしーさん:末永くよろしくお願いします。

■スキな人に回すべし

あ、好きな人には回しました(笑)
ご希望の方、どうぞ。

続けてもう1本、いきます。

02:23  |  バトン  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)

2006.12.25 (Mon)

裏切り

ケーキもシャンパンも豪華なホテルも多分何もいらない。

ただ、あなたが傍にいてくれるのが最高のプレゼント。


などど、また、乙女系の息苦しい程の戯言を書きながら(酸欠気味)、ケーキ好きの彼の為に、ケーキは買いました・・

というより、不穏な雰囲気のタイトルとのギャップがありすぎて、どうよ? と言う感じで(汗)
華麗なる冬の行事の話だというのにな。


22:00  |  恋愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2006.12.22 (Fri)

ありがとう

久しぶりに昔なじみの友人に会うために、仕事と余暇の合間ををぬって地元に帰った。

ほぼ半年ぶりの故郷は、それだけの時間の経過でも、何かしら変化していて、
懐かしいような、そのくせ、知らない場所に迷い込んだような、不安定な既視感を味わったりした。


友人は特に変わりはないようで、相変わらず陽気だった。


それから彼に、美酒鍋(びしょなべ、と読むらしい)というのをご馳走になった。

これは酒を鍋に入れて、そこで肉や野菜を焼くというか煮るというか、味付けもシンプルな鍋だが、かなり美味かった。
何でも上等の酒を使えば使うほど美味くなるとか。
身体も温まるし、これを食べながら一杯やるのは最高。

ありがとう、Hくん。


今度はかっしーと一緒に食べに来ようかな。



02:29  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2006.12.20 (Wed)

美味そうな夕日

珍しく、内容よりタイトルが先に決まった記事なのに。

夕日


この写真を見た限りでは、どの辺りがどう美味そうだったのか、
今一つというより、二つも三つもわからない(笑)

自分の目で見た通りに写真を撮るのは本当に難しい。

というより、俺が携帯で撮る遠景は、この位が限界なのかも知れない。


この夕日は本当に大きくて、秋の夕暮れに、夕焼けの色をたっぷり吸収して熟し切った柿の実の様だった。

綺麗だな、ともう一度見ると、新鮮で滋味溢れた色の濃い卵の黄身の様にも思えた。



・・・腹、減ってたのかな、俺・・・?


うん、きっとそうだな・・・w



卵といえば、この前かっしーと買い物に行った折に。

「生卵専用醤油」に彼が食い付いて(笑)、そこをいつまでも離れず熱心にビンを眺めている彼を、醤油売場?から連れ出すのが大変だった事を、唐突に思い出した。


ホント、困った人だよ・・
(って、本当は全然困ってないんだけどねw)
01:20  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.12.18 (Mon)

幸せと奇跡を、噛み締める

ここ数年、この季節になると、俺はいつも少しだけ感傷的になる。


彼と一緒に過ごせなかった冬の事。

あの手術の後、彼はそのまま実家での療養となり、俺は仕事が特に忙しくて、互いに声を聞くこともままならない日々があった事を思い出す。


そして、それより以前の出来事を。

身体はすぐ傍にあっても、心が離れていた時期。

それから、どんなに遠く離れていても、すぐ近くにいるように思えた日の事も。



例えば、急に起こったトラブルに、1日中フロアを走り回って。

疲弊した身体と精神で帰宅した俺を、満面の笑みで迎えてくれる恋人がいる。

「夕食、お前と一緒に食べようと思って、待ってた」

どんなに夜遅く帰っても、包み込むように彼が抱き締めてくれる事。



例えば、凹んで落ち込んだ恋人の為に、温かいコーヒーを入れて、

何を話すというわけでもなく、ただ傍にいてやる事。

彼の喜ぶ顔がもっと見たくて、どんな事をしたらいいのか、懸命に考える事。



こんな穏やかな時間が待っているなんて、あの頃の俺達は知らなかった。



当たり前の様で、当たり前じゃない。

何よりも贅沢な、だけど普通の幸せがある奇跡を、噛み締める。

テーマ : 同性愛・両性愛 - ジャンル : 恋愛

23:15  |  恋愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.12.17 (Sun)

似た者同士

この前の忘年会で、ついに!「たらこダンス」見ました。
いや、踊ったのは後輩のGと、その愉快なお友達だったんだがw
話題になっている割に、あまり見ないなーと思っていたが、ここに来て出たか!みたいなw

相変わらず元気だな、若者達は(笑)


01:15  |  趣味  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2006.12.14 (Thu)

名前を呼んで

前回、相当思わせぶりな記事を書きながら(笑)
今回は全く違う話題で。


♪飲んで、呑んで、のんで、ノンデ、飲んで、呑んで、のんで、ノンデ、飲んで
 回って、廻って、まわって、マワ~ル~うううう(アルコールがw)

嘉門さんの歌であったっけ? こんなの。


いよいよ、飲んで飲まれる(笑)忘年会シーズン到来。
諸々の会に呼ばれる事も、呼ぶ事も多いのだが、仕事絡みの宴会、仕事が絡まない全くのプライベートな飲み会、そしてそのグレーゾーンと言うか、仕事とプライベートの中間のような人達との会もスケジュールに入って来ている。
楽しい会も楽しくない会も勿論あるが、なるべく楽しめるように、体調管理も含め、それぞれの会で気持ちを切り替えていこう、とは思っている。


俺は酒も好きでイケる口だからさほど苦にはならないが、宴会続きのこの時期、かっしーは、かなり気苦労もあるようだ。
(あまり根掘り葉掘り尋ねたりはしないが)
特に週末は、早目に彼との「まったりタイム」を取っておいてよかったな、と思う位見事に、2人のスケジュールも合わなくなってきている。


先日は、プライベート寄りのハチャメチャな会に参加して、予想通りというか、完全に酒に飲まれた状態の友人に、

「俺と一緒にデュエットするか、一緒にチークダンスを踊るか、選べ」

などど、訳のわからない選択を迫られたりして(汗)

(↑お前、うち帰って、布団かぶって寝とけ。怒)

男とダンスを踊る趣味は・・・
なくもないんだが、相手によるから。

とにかく、チークダンスは、店のおねーちゃん達と踊ってくれ。

そうだ、折衷案で「酒の飲み比べ」ってのは?
(どこら辺が折衷案なんだ?ww)


なんて愚痴りながら、結局彼とデュエット(というかハモったり)はしたんだが、歌いながら何気に俺の肩に手を回すな、肩に。

「きゃーっ、アツアツね!」

「もっと近付いて!」

などと、こっちも出来上がってグダグダの飲み会メンバー達から、ヤンヤの喝采。

しかし、はやし立てられれば立てられる程、俺の心境は絶対零度に限りなく近付く(笑)

なのに、更に観客達?に向かって、ピースなんかするな、このタコ!


でも、そのタコ達wと写メしたりされたりで、最終的には、なしくずしに和気藹々に(笑)


後、怖いのがその写メが回りに回って、かっしーの所に届かないか、という事なんだが。

・・・まあいいか。



で。

今度は、前の会とは打って変わって、静かな飲み会。
グレーゾーンの付き合いの会なんだが、半年程前に知り合った、金融関係の仕事をしている青年がいる。

実は彼の事が、とても気になっている。

見ようによっては神経質にも見えるかもしれない、細いフレームのメガネを掛けた「メガネ男子」(と言う表現は正しいのか?)で。
俺の部下の女の子と同じ位、まだ年若い彼だが、人当たりが良く素直で、彼と話をするのは楽しい。
水割りなど飲みながら、いろいろ話しかけてみる。

「○○君は家はどこ?」

「はい、△△市です」

「結構遠くだね。通勤、毎日大変だろう?」

「ええ、でももう慣れましたから」

質問に爽やかに応える彼は、どちらかと言えば和風のイケメン君。
若いだけあって、お肌もピチピチ。
(オヤジな発言)
唇なんて、何もつけてなくてもピンクで柔らかそうな・・

なんて、どこにチェックを入れているのか、俺(汗)

そんな彼はこっちと目が合うと、これまた爽やかに微笑んでくれて、口元から見える八重歯が何とも可愛い。
スポーツをやっていた様な精悍な感じと飄々とした雰囲気が、高校の頃にちょっといいな、と思っていた同級生の彼を髣髴とさせて、少し胸が苦しくなるような、甘酸っぱい気持ちになる。

でも。

何と言っても一番気になるところは、


01:30  |  恋愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.12.11 (Mon)

聖なる夜

久しぶりに平井堅の「Ring」を聞いた。
懐かしいような、甘やかな声。
でも、決して甘くない歌詞には、曲と相まって、励ましてくれるような力強さがある。


音楽が耳に残って、カーステで何度も繰り返して聞く。


彼の歌には、冬が似合うのだろうか。

テーマ : 同性愛・両性愛 - ジャンル : 恋愛

23:20  |  君が好き 胸が痛い  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2006.12.10 (Sun)

彼の体温

ご無沙汰しています。

実は今月、「いちゃいちゃ推進月間」wの為(今更?)、すっかり更新が滞っています。



テーマ : 同性愛・両性愛 - ジャンル : 恋愛

01:11  |  恋愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2006.12.07 (Thu)

訂正します!

前記事「娯楽の殿堂(以下略)」に間違いがありました。

「・・・しかも、インする度に違うパズルになるそうです。
最上段のReloadをクリックすると、ドラッグでピースが動かせるよう・・・」

のくだり。

懸命な皆さんは、

「とっくに気付いてたよ!」

と思われるかもしれませんが。

これ、STARTの間違いでした。

すいませんでした!!


では改めて、まったりお遊びください。
01:21  |  ブログ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.12.04 (Mon)

娯楽の殿堂(って程でもないが)

12月。

あと1ヶ月足らずで新しい年を迎えるとは、ちょっと信じられないくらい時の流れが速いが、
早朝の気温も氷点下近くなり、街を見れば電飾の雨が降っている。

寒さに映える、クリスマスムードに包まれた街並みは悪くない。


で。

唐突だが、テンプレートを変えました。

お好きな方もおられるだろう、ジグゾーパズル。

これ、本当に遊べます!
しかも、インする度に違うパズルになるそうです。
最上段のReloadをクリックすると、ドラッグでピースが動かせるようになります。
ちゃんとピースが合えば、音がして、その場所に固定されます。
(自分が作ったわけでもないのに、偉そうですが・・汗)

年末の年忘れに、どうぞ。



それから、フラッシュピアノもつけてみました。
カンター○レな千秋君のように(いかん、野田さんと言うべきだった)お弾きください。

って、そんなに鍵盤ないですが・・

「チューリップ」とかなら、充分弾けます。
あと、「ちょうちょ」とか「キラキラ星」とかも(笑)

「ジングルベル」もサビの部分だけなら(しつこいw)


これも鍵盤部分をワンクリックしてからどうぞ。




それから、もう1つ。
23:14  |  ブログ  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2006.12.03 (Sun)

タイトルが浮かばない

土曜ワイド劇場、久しぶりに全部見てしまった・・
松下由樹、結構好きかも。


ウルトラマンシリーズの演出なども務められた、実相寺昭雄さんが過日逝去された。
その映像を見た誰もが、あの人の作品だ、とわかるような独特で素晴らしい映像を作り上げた、しかし同時に、その特殊性故、賛否両論もあったらしい方なのだが。
人生80年とも言われる昨今から考えると、早すぎる死だった。
この23日からは、彼自身によるリメイク映画「シルバー仮面」が公開される予定(と新聞に掲載あり。ただしオリジナルDVD発売に合わせての先行上映らしい)でもあったのに。

彼は、かっしーの尊敬する人間の1人で、
この報に接した時、彼はずっと、

「嘘だろう・・嘘だろ・・」

ってショックを隠せない様子だった。

新聞の訃報欄には、他にも宮内国郎さん(ウルトラマン等の主題歌を作った人)の名前が。

かっしーにはダブルショック、だったらしい。

俺がほとんど興味のなかった世界の、きっと彼と一緒にいなければ、知らなかった筈の方々。

惜しまれる非凡なる才能の持ち主達。

御冥福をお祈りいたします。




さて、YAHOOでも、特集をしていたが、12月1日は世界エイズデーでした。

2030年には、この病気が世界の死因の第3位に浮上するとのWHOの予測があるらしい。
それだけでなく、今も日本では感染者が増え続けているらしい。

エイズというと、自分は「サイレント・ローズ/真実への序曲」(TV海外ドラマでは「早霜」というタイトルだった)を思い出す。
見たのは友人に貸して貰ったビデオでだったが。
エミー賞受賞のヒューマン・ドラマ。

アメリカのゲイの青年の話。
彼は弁護士として働く、一般的に言うエリートで、外見も上々、まさに恵まれた生活をしている。
しかし、家族には(職場の人間にもだったと思うが)、自分がゲイだとカミングアウトはしていない。

彼には恋人がいたのだが、その恋人の浮気を知ったショックも覚めやらぬうち、体調不良のために受けた病院での検査で、自分がエイズのキャリアであることを知る。

絶望感に打ちのめされながらも彼は実家に帰り、エイズを通して、家族や自分自身と向き合うことになる。

自分の家族に、病気も含め、ゲイであるという事実をどんな形で告白するか。
巷に溢れるばかりでない、家族からの偏見をどうやって克服していくのか。
そして、彼の病気を知る恋人が、彼の実家までやってくるのだが、その恋人との関係について、どんな結論を出すのか。
等々、いくつもの究極の選択を迫られる、重厚な人間ドラマだった。

まだエイズがさほど一般的ではなく、治療法も確立されておらず、「エイズ=死」、という数式が成り立っていた時代の物語。

今はかなりいい薬も出来て、早い段階で有効な治療を受ける事ができれば、発病するまでは至らずに済むらしい。


性感染症から身を守る手段としては、やはりセーフティセックスが一番有効だと思う。
決まった相手との、いや、たとえ不特定多数が相手であっても、安全なセックス。
つまり、コンドームをきちんと装着して行うセックス。
これほど簡単で安価な方法はない。
しかし相手に言い出しにくく、厄介な方法でもあるのだが、それができない相手とはセックスしない方がいいと俺は思う。
男も女も。

なんて。

それを怠った為に、かつての彼女に(病気はなかったが)、判定薬を(何の?とか聞かない様に)買いに薬局に走らされた俺が言っても、全っっ然、説得力がないのだが・・(汗)
(「あんたがそれを言うの!?」とか罵られそうだが。・・すいません・・)

ちなみに、かっしーも俺もちゃんと検査は受けたよ。
勿論、無料でした。
多分、どこの自治体も要予約か、決まった日時を設けていると思う。

心当たりのある人は、是非受けてみて欲しい。




ところで「ボディショップ」でも、今、キャンペーンをしている。
(25日までだそうです)

「ボディショップ」自体、動物実験反対をうたった商品を作っていたから、前から贔屓にはしていたのだが。
「カンドーム」なんか特にいいですね、持ち歩きにww


さて。

ここからは「乙女立入禁止区域」。
KEEP OUTの黄色いテープぐるぐる巻き状態。
(相棒のワンシーンみたい。笑)

但しテープは結構簡単に外せるので(おや?)、事実上、ほぼ開放区かもしれないがw

テーマ : 同性愛・両性愛 - ジャンル : 恋愛

00:28  |  恋愛  |  トラックバック(1)  |  コメント(6)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。