--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.01.11 (Sun)

運試し

いよいよ3連休突入ですね!
と言いつつも、今日は(もう昨日やな)俺、某セミナーに参加の為、外出したんですが、雪はほとんどなかったけれど、とにかく風が冷たい!

天気概況によると、全国的に酷い寒波だそうで。
みなさんも、どうかお気つけください。
(っちゅーレヴェルじゃない処もおありでしょうが・・・・)


スポンサーサイト
01:09  |  バトン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.03.10 (Mon)

キスされました。

誰ですか、

「今更何を・・・?」

なんて言ってるのは!?←被害妄想
06:57  |  バトン  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2008.02.10 (Sun)

俺の彼女を紹介します。

長らくのご無沙汰になってしまいましたが・・・


実は、過労気味で、ちょっと寝込んでいました。
病院に行ったので、かなり良くはなったのですが(点滴して貰いました)、まだ本調子ではない感じです。


まあ、大抵傍に誰かがいるので(笑)、どうかご心配なく。


それから仕事絡みで少し考えている事がありまして。
これはまた、別の機会にでもお伝えしたいと思っています。


こちらは雪が降って、とても寒いのですが、皆さんの方はいかがですか。
(ビックりしましたw)
明日は関東方面が雪になるとのニュースですが、気をつけてくださいね。


今日(もう昨日になってしまいましたが)2月9日は『ふく(つまり河豚ですね)の日』でした。
みなさんは食されましたか?
俺達は明日(本日ですねw)に食べる予定です(笑)

00:51  |  バトン  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2007.10.15 (Mon)

性格バトンの筈ですが・・・

おはようございます。


この週末には、彼がレンタルしてきた『仮○ライダーTHE FIRST』を鑑賞したVです。
(決して『かもめ』を諦めたからではありませんw)

いや、あの展開はいけないだろーが!

と、突っ込みたいところはいろいろありましたが(汗)

彼の言葉を借りると、主演の俳優さんは、

「ビジュアルが原作本の本○猛にそっくりだな。元祖ライダーの藤○弘さんの方が、俺の中ではしっくりくるけど」

だそうです。

すいません、のっけからマニアックな話題でww



それから私信を少し。


04:54  |  バトン  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2007.09.30 (Sun)

ようやく! おままごとバトン

お笑いと同じくらいモノマネも大好きな恋人が(笑)録画していたモノマネ番組を、彼と一緒に観ました。

そして、最近大流行している、

「でも、そんなの関係ねー!」

を、この目で初めて観ました!(笑)


巷ではよく聞くんだけど、今まで観た事無かったから、感激もひとしおで(??? 笑)

「へー、初めて観たよ。なるほど、こんな感じなのか」

彼にそう伝えると、

「え? お前、観た事なかったの? ホント? マジで?」

って、珍しいものでもみるような感じで言われましたが・・・



・・・・未体験だったのは俺だけですか?(汗)

07:54  |  バトン  |  トラックバック(0)  |  コメント(19)

2007.07.28 (Sat)

ようやく回答できました

久々のタイマー投稿です。

さて。


このバトンをやったのは、一体、何時の事だろうか?(大汗)

すいません、その後、大変な間が空きまくってしまいました(冷汗)

己のルーズさに、おののきながら、結果を書いてみたいと思います。

一応、前記事とリンクは貼っておきますが、あまりの時間経過がありましたので、診断結果及び各種ツッコミ(笑)と併せて、質問と俺達の答えも、今回の記事に入れております。

質問事項と、その質問の診断結果は黒字で、それぞれの会話は、それぞれ赤字(V)と青字(かっしー)で、書いています。

なお、(   )の中は、心の声、というか、フォローの部分になっていますw

それ以外にも、文章を挿入していますので、じっくりお確かめ下さい(笑)

それでは、これだけ放置していたっていう事自体、既に恥ずかしいのですが、さらに恥を晒して、捨て身のウケ狙い?になりますやらどうやら。


22:30  |  バトン  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.06.15 (Fri)

メモリアル

バースディの夜には、彼の手術の傷跡に、何度も何度も繰り返しキスをした。
去年より微かだが薄らぎ、肌の色に近づいてきた大きな傷を、端から端まで丁寧に舐めた。


彼が生命を繋いだ、あの悪夢のような出来事と、俺達の今の関係を形作っていった「流れ」は、車の両輪の如く、等しい動きをしていた。

この傷によって、別ち難く結び付いている絆もあるんだ。


辛い記憶ではあっても(特に彼にとっては)、感謝せずにはいられない。



テーマ : 男同士の恋愛 - ジャンル : 恋愛

06:27  |  バトン  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)
 | HOME |  NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。